« ルパンシリーズ人名リストを更新 | トップページ | 青空文庫:モーリス・ルブラン作品 »

2008/06/05

「花とゆめ」2008年13号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

ドラマ「BOX"R"」の撮影初日。気合入れてコスメで変身と思っていたけれど、できずにだるまや夫妻にプレゼントされた靴で普段と違う自分を演出。

遅刻のときに妙な反応をしていた天宮さんは、Vシネの仕事が終わって初のドラマ出演らしい。なんだか内に怨念がこもってそうな女の子。天宮(あまみや)さんってプロトタイプ(連載前の初期案)のキョーコに似ている気がする。

ドラマ現場で、4人(キョーコ、天宮さん+2)集まっているシーンで、キョーコは未緒が抜けきれていないとダメだしされる。いじめのシーンは未緒っぽい演技を期待しているけれど、普段のシーンはそうじゃないといわれる。キョーコは何が悪いのか分からない。

冒頭、キョーコが針金で作っていた飾りは何だろう?


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« ルパンシリーズ人名リストを更新 | トップページ | 青空文庫:モーリス・ルブラン作品 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/41437353

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2008年13号 スキップ・ビート!感想:

« ルパンシリーズ人名リストを更新 | トップページ | 青空文庫:モーリス・ルブラン作品 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ