« 雑誌「映画秘宝」2008年6月号 「鉄人28号 白昼の残月」DVD発売記念 | トップページ | 「奇岩城」探求(その11) エギーユの眺め »

2008/05/12

発掘された映画たち2008「なまくら刀」ほか

会期:2008年4月24日(木)~5月15日(木) 、2008年5月23日(金)~6月1日(日)
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター
上映会情報:発掘された映画たち2008
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2008-05/kaisetsu.html
上映会情報:発掘された映画たち2008:発掘されたアニメーション映画
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2008-05/kaisetsu_2.html

訪問日:5/11
現存する最古のアニメーション作品となる「なまくら刀」が発見されたというニュースをたまたま目にし、それが上映されると言うので行ってみた。「なまくら刀」から「火の用心」までは無声。お腹が空いてたわけじゃないけど腹の虫が鳴りそうで怖かった(笑)

○なまくら刀(塙凹内名刀之巻)[デジタル復元版]
絵も筋もユーモラスで面白かった。なんと1917年製作・公開の作品。

○浦島太郎[デジタル復元版]
内容を知りすぎてる作品だからこれと言って真新しい感じはしなくて最後のオチを見逃しかけた。

○漫画 瘤取り
タイトル通りこぶとりじいさんの話。絵が上手く、表情豊かで面白かった。おじいさんに天狗たちに大天狗。雨が降るシーンも上手い。

○火の用心
火の扱い、後始末には十分注意しましょうという啓蒙のための作品。実写、イラストを交えて紹介しているけれど、まだまだ和服の時代で、家の造りも今とは違うからそこが面白かった。行火(あんか)懐かしい。

○古寺のおばけ騒動
ここからトーキー。肝試しをする豪胆な少年とお化けたち。まあまあ。

○熊に喰われぬ男
ミュージカルというか和風オペレッタというか、歌いながら話が進行していくのが面白い。そりゃ自分で災難を呼び込んどいて、危険を知らせず逃げる男を旅の共には選びたくない。

○狐と小鳥
小鳥とえさ(この生物は何だろう?)、えさと狐、狐と小鳥、追いかけっこの関係が面白い。音はあってもセリフはなかったかな。「トムとジェリー」みたいな感じがした。

○ガリヴァー奮闘記
既存のガリヴァー物語に納税を奨励するメッセージが組み込まれているらしい。ガリバーの口に運んだ食料箱に「税」って書いてある(笑)そのままじゃん。寝ているガリバーを勝手に縛っておいて、洪水で困ると食料をやって助けろという小人がとっても打算的。

○バクダット姫[最長版]
主題歌はサトウハチロー作詞、服部良一作曲。音楽担当も服部良一で、エキゾチックな音楽に加えて、所々クラシック音楽が取り入れられている、ライバルの王子が魔人にこてんぱんにやられるときは「天国と地獄」、剣で戦う場面は「剣の舞」、結婚シーンは「結婚行進曲」といった具合(ってこの3つしかタイトル知らない)。うつくしい王女、相思相愛の王子、ライバルの王子二人で、王女と結ばれるために象牙の小箱を手に入れるという、筋立ては簡単だけれど割と楽しめた。


□フィルム発見のニュースについて
日本最古のアニメ「なまくら刀」発見 東京で来月公開 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080326/tnr0803262046016-n1
(23)大正時代 色付きフィルム TOKYOあにめのま~ち 企画・連載 東京23区 地域 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/feature/tokyo231203958795871_02/news/2
日々辞典【にちにちじてん】 20080501(「なまくら刀」を発見した松本夏樹氏のインタビュー)
http://blog.kozakitaiji.com/?day=20080501
http://blog.kozakitaiji.com/?day=20080502
http://blog.kozakitaiji.com/?day=20080503

今回上映されたアニメの一部は以下のDVDに収録されているようだ(瘤取り、古寺のおばけ騒動、熊に喰われぬ男、ガリヴァー奮闘記)。ただし同じバージョンか不明。
Digital Meme:日本アニメクラシックコレクション [DVD4巻セット]
http://www.digital-meme.com/jp/our_products/dvds/4dvdset1.html


□企画展示
フィルムセンターの7階展示室では「映画資料でみる映画の中の日本文学Part1」という企画展示をやっていた。古事記から江戸川乱歩まで。各作家の紹介やスチール写真、映像などがあった。展示室に入ったのは初めてだったので常設展示の映画遺産も興味深かった。
展覧会情報:映画資料でみる映画の中の日本文学 Part 1
http://www.momat.go.jp/FC/BUNGAKU1/index.html

他にも会期中は沢山の作品が上映されているけれど、私は「鉄の爪」が気になる。だって…これ怪盗スタイルだよね。しかもすばらしき棒読みっぷりらしいのがまたそそる(笑)
INTRO 発掘された映画たち2008-後半
http://intro.ne.jp/contents/2008/05/01_1311.html
活動弁士・桜井麻美の桜言葉 第572回無声映画鑑賞会
http://sakura-kotoba.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/572_eac8.html

「怪電波の戦慄」もとっても気になる。他の作品についてもスチール写真があればいいのに。

« 雑誌「映画秘宝」2008年6月号 「鉄人28号 白昼の残月」DVD発売記念 | トップページ | 「奇岩城」探求(その11) エギーユの眺め »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/41187312

この記事へのトラックバック一覧です: 発掘された映画たち2008「なまくら刀」ほか:

« 雑誌「映画秘宝」2008年6月号 「鉄人28号 白昼の残月」DVD発売記念 | トップページ | 「奇岩城」探求(その11) エギーユの眺め »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ