« 国宝 薬師寺展 | トップページ | 「奇岩城」探求(その13) 奇巌城・前 »

2008/05/21

「花とゆめ」2008年12号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

キョーコは出来る女優としての称賛される夢(獏が食べるほうの夢)を見る。ラブミー部の部屋で、それは油断だと1/8蓮人形&腹話術を使って一人突っ込み、人に見られたら羞恥プレイなシーンで蓮本人登場(笑)

キョーコはドラマ「BOX"R"」で演じるナツの役がつかめない。蓮にいじめるシーン以外は普通の女の子でつまらないという。蓮はそのまま演じてみれば、という。キョーコはいったん置いてきぼりにされた感じを受けるけれど、だるま屋の自分の部屋に帰って、ナツが普通の女の子というのは、普通の女子高生である自分と同じではと気づく。そして普通の女の子ならどう行動するかを考える。

蓮の映画では『殺し屋B・J』のほかに、「『殺し屋B・J』を演じる『謎の俳優X』」としての役割が待っている。謎の俳優だから、他の出演者のクランクインより送れて撮影開始らしい。


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« 国宝 薬師寺展 | トップページ | 「奇岩城」探求(その13) 奇巌城・前 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/41272234

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2008年12号 スキップ・ビート!感想:

« 国宝 薬師寺展 | トップページ | 「奇岩城」探求(その13) 奇巌城・前 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ