« 発掘された映画たち2008「なまくら刀」ほか | トップページ | 「奇岩城」探求(その12) 100年前 »

2008/05/18

「奇岩城」探求(その11) エギーユの眺め

※以下の文章は「奇岩城(4)」の内容に触れています。※


エトルタにはレギーユ以外にも見逃せない物がある。

「(略)美しいじゃないか? 広大な海……そして空……右にも左にもエトルタの断崖がある。そこには三つの門がある。上手アモンの門、下手アヴァルの門、そして大手門マグナ・ポルタ……どれもこれも、ここの主にとっては凱旋門だ……そして、その主は、このわたしだったのだ!(略)」(岩波P352)

ここに登場するアモンの門、アヴァルの門、マンヌポルト(マグナ・ポルタ)は今も存在する。
Etretat - Wikipedia(フランス語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%89tretat
Image:Porte Amont nuage en 2006.jpg - Wikipedia(左端の穴がアモンの門)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Image:Porte_Amont_nuage_en_2006.jpg
Image:Aiguille2.jpg - Wikipedia(アヴァルの門、左の岩がレギーユ)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Image:Aiguille2.jpg
Image:EtretatGreatArch.jpg - Wikipedia(マンヌポルト)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Image:EtretatGreatArch.jpg

遠景から見ると、視界に広がる海と断崖に、手前からマンヌポルト、アヴァルの門、アモンの門の3つのアーチが見える。
Universite du havre - Etretat(フランス語)
http://www.univ-lehavre.fr/cybernat/pages/etretat.htm
Etretat info - librairie(フランス語)
http://www.etretat-info.com/divers/librairie.htm


岩波少年文庫版ではアモンを上手、アヴァルを下手と訳している。アモン(amont)とアヴァル(aval)の語源は“a+montagne”と“a+val”つまり“山”と“谷”であり、転じてアモンが川の上流(上手)、アヴァルが下流(下手)を指す言葉となった。フランス北部の海岸では、アモンが東側、アヴァルが西側を指し、エトルタの北にあるサン・ヴァレリー・アン・コーでも東西に延びる断崖はアモンの断崖、アヴァルの断崖と呼ばれているようである。大手門はManneporte(マンヌポルト)のこと。この名前はmagna porta(マグナ・ポルタ。大きな門の意)なので、語呂をそろえて大手門としているのだろう。
因みに、陸から見ると、上手(アモン)の門が右、下手(アヴァル)の門が左にあり、演劇で舞台に向かって右側を上手、左側を下手ということと対応している(海から見ると逆である)。

前後に続く台詞を含めたこの言葉と景色とが相まって私の中でレギーユ・クルーズのイメージを作っている。レギーユの約80メートルという高さはビルでいうと23階くらいで、そこから眺める景色はやはり絶景だっただろう。見渡す限り空と海、陸地側はコート・ダルバートル(Cote d'Albatre=雪花石膏海岸)と呼ばれる景勝地。断崖が天然の障壁となって、陸地からの視線を遮ってくれる(レギーユより断崖のほうが高い)。誰にも邪魔されることがない。


もう一つ忘れてならない存在として、「令嬢たちの部屋」がある。これも断崖の上に今もある。
Image:1981etretat00A CHAMBRE DEMOISELLES.jpg - Wikipedia
http://fr.wikipedia.org/wiki/Image:1981etretat00A_CHAMBRE_DEMOISELLES.jpg

外見からすると二つ瘤の岩で、橋を渡った先に人が入れるほどの空間(穴)があるということである。そして、穴の中には「DF」の文字もあるらしい。「怪盗ルパンの館」サイトの「ルパンゆかりの地」写真ギャラリーで紹介されている。
怪盗ルパンの館
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tetuya/lupin/lupin.html
ルパンゆかりの地写真ギャラリー2
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tetuya/lupin/lpgala2.html

この「DF」に触れたコシェ神父の「エトルタの起源」は最近復刊されたらしい。
Jean Benoit Desire Cochet - Wikipedia(仏語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Jean_Cochet
Amazon.fr - Petite Histoire d'Etretat Livres Abbe Cochet(仏語)
http://www.amazon.fr/dp/2846184178
PETITE HISTOIRE D'ETRETAT (ARREMOLUDAS ) 紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/2846184178.html


前→「奇岩城」探求(その10) 海のオベリスク
次→「奇岩城」探求(その12) 100年前

※以上の文章は「奇岩城(4)」の内容に触れています。※

« 発掘された映画たち2008「なまくら刀」ほか | トップページ | 「奇岩城」探求(その12) 100年前 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/41242898

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇岩城」探求(その11) エギーユの眺め:

« 発掘された映画たち2008「なまくら刀」ほか | トップページ | 「奇岩城」探求(その12) 100年前 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ