« ルーヴル美術館展 | トップページ | ロートレック展 »

2008/04/01

ルパンシリーズ人名リスト

ルパンシリーズの登場人物の名前を、人名リストとして公開しました。

ルパンシリーズ人名リスト


説明は基本的に最初に登場したときの記述を元にしているので、辞書的な使い方はできないと思いますし、原文の綴りの順なので、使いづらいとも思いますが、とりあえず人名を浚ってみるということで。読みについては一部変更しましたが、表記の統一を図っていません。

なお、「カリオストロの復讐(20)」は作業中の状態です。理由が偕成社文庫が手元に見当たらないというちょっと情けないものです。でもいざHTMLにしてみるとぽろぽろとミスを発見してしまうもので、かなり直したものも、たぶんまだ残ってます。戯曲についてはさらに怪しいです。


爵位や役職については整理したいと思っていて、爵位については原文をチェックしてだいたい整理できているかと思います。princeは大公としました。

役職については未整理です。たとえば、ベシュの役職は、「バーネット探偵社(15)」では「inspecteur」で、最後に「brigadier」に昇格。「謎の家(16)」以降は「brigadier」だけれど、「ルパン最後の事件(21)」でなぜか「brigadier」にしてやると言われています。(ルパンのベシュとの会話はどこまで本気なのか分からないので最後のは冗談と受け取っておこうか。)

メモ。「inspecteur」は刑事(私服の捜査官)のことで、刑事、警部etc.と訳されている。他のinspecteurはデュージー、フォランファン、ヴェロなど。「brigadier」は班長という意味なので、他の刑事たちより偉いと思われる。翻訳では部長刑事や巡査部長と訳されている。他のbrigadierは、グレル、マズルー、フォランファン(「ルパン対ショルメス(2)」のみ)。ガニマールは「inspecteur principal」。主任刑事、主任警部etc.と訳されている。ゲルシャールも同じ。「アルセーヌ・ルパンの帰還(A1)」ではinspecteur。


「二つの微笑を持つ女(18)」と「アルセーヌ・ルパンの冒険(A5)」の電話交換手はどちらも同じカロリーヌなんですよね。同じ人物かもしれません。

« ルーヴル美術館展 | トップページ | ロートレック展 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/40726237

この記事へのトラックバック一覧です: ルパンシリーズ人名リスト:

« ルーヴル美術館展 | トップページ | ロートレック展 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ