« ロートレック展 | トップページ | 探偵講談「ルパンVSホームズ」上演予定 »

2008/04/06

「花とゆめ」2008年9号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

夢のようなときは終わり、平日に戻ったキョーコ。みんなに貰ったプレゼントをうっとりと眺めている。でも、陶酔しきってて、仕事に1時間も遅刻して、共演者を待たせてしまう。仕事というのは「BOX“R”」というドラマの台本の読み合わせ。遅刻なんてキョーコらしくないね。

新ドラマの共演者は同世代の女の子ばかりみたい。しかも天宮さんっていう女性が結構曲者っぽい。かつての学校で受けてたようないじめが再来するのかも?

その後の「DARK MOON」の現場でも落ち込んだままで、監督に心配かけさせてしまう。蓮は、気持ちの切り替えの出来ないような女優は要らないと突き放す。キョーコは気合を入れなおす。


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« ロートレック展 | トップページ | 探偵講談「ルパンVSホームズ」上演予定 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/40786709

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2008年9号 スキップ・ビート!感想:

« ロートレック展 | トップページ | 探偵講談「ルパンVSホームズ」上演予定 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ