« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/31

森元さとる「ミステリー・クラシックス」アルセーヌ・ルパン編(2)発売中

「太陽の戯れ(6-1)」と「十二枚の株券(15-5)」が収録されている。前者は創元推理文庫、後者は偕成社版から。

他に、トマス・W・ハンシューの四十面相のクリークシリーズ「ライオンの微笑」。ガストン・ルルーの「ノトランプ」が収録されています。(1)に入っている「七人のきこり」といい、「シャーロック・ホームズのライヴァルたち」で攻めるのかな。


講談社BOOK倶楽部 mystery classics 甦る名探偵達 アルセーヌ・ルパン編(2)
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=3711250
「太陽の戯れ」
「ライオンの微笑」
「十二枚の株券」
「ノトランプ」
(ルパンシリーズの作品と、それ以外の作品が交互に収録されている)

<既刊>
講談社BOOK倶楽部:mystery classics 甦る名探偵達 アルセーヌ・ルパン編(1)
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=370985X

2008/03/29

久世番子「配達あかずきん」「番線」入手のこと

両方とも、特定の本屋でペーパーが配布されています。
新書館[Wingsサイト]:トピックス_書店フェアのお知らせ
http://www.shinshokan.co.jp/comic/w/topics/topics_Fair.html
☆ウンポコ・コミックス「番線」をお買い上げの方に久世番子先生描き下ろしペーパー・プレゼント
☆ウィングス・コミックス 「配達あかずきん」をお買い上げの方に久世番子先生描き下ろしペーパー・プレゼント

出かけた先から近い配布本屋に行ってみたのだけど、「あかずきん」の発売から1ヶ月も経っているし、本当にもらえるか不安だったので、思い切って池袋のジュンク堂まで行こうと決めた。
そしたら「あかずきん」も「番線」も両方ペーパーがもらえた。「赤ずきん」は折込で、「番線」はカウンターで。「番線」のペーパーはジュンク堂がらみのネタだったので、三省堂書店、紀伊國屋書店では内容が違うのかも。


単行本発売に連動して応募者全員サービスがあります。
新書館[Wingsサイト]:トピックス_久世番子先生「配達あかずきん」「番線」全員サービス実施!!
http://www.shinshokan.co.jp/comic/w/topics/topics_ZensaAkazukin.html
久世番子先生「配達あかずきん」「番線」全員サービス

また、ミニ原画展が開催されるようです。
新書館[Wingsサイト]:久世番子先生ミニ原画展「原稿にお茶」開催!
http://www.shinshokan.co.jp/comic/w/topics/topics_Gengatenbansen.html
期間:4月26日(土)~5月3日(土)※4月30日(水)はお休み。
会場:ブックス&カフェ・ブーザンゴ(東京メトロ千代田線・千駄木駅から徒歩2分)


同じくジュンク堂で諏訪緑さんの「紀信」のオンデマンドコミックスが、そのまま買える状態で売っているのを発見(特集コーナーみたいな感じだったので販売は短期間だと思う)。読みたかったけれど、オンデマンドコミックってどこか面倒そうで…。足伸ばしてよかったー。
小学館  紀信 ・ 諏訪 緑 
http://www.comicpark.net/cat/detail.asp?sitekey=shogakukan&content_id=COMC_ASG00087
小学館オンデマンドコミックス
http://www.comicpark.net/shogakukan/

諏訪緑「紀信」がオンデマンド出版
3年越しでゲット

2008/03/28

アニメ劇場版「鉄人28号 白昼の残月」DVD発売情報更新

スターチャイルドのリリース情報が更新され、ジャケットイラストが公開されています。
StarChild 鉄人28号 白昼の残月
http://www.starchild.co.jp/special/tetsujin28/
Amazon.co.jp: 鉄人28号 白昼の残月 DVD 〔REVOLTECH SPECIAL EDITION〕
http://www.amazon.co.jp/dp/B0013JYTAE
アニメ劇場版「鉄人28号 白昼の残月」DVD発売情報


東京国際アニメフェア2008で「鉄人28号 白昼の残月」の情報が出展されるようです。
開催期間:3月29日(土)~3月30日(日) パブリックデー
場所:東京ビッグサイト
StarChildイベント情報
http://www.starchild.co.jp/event/taf2008.html

2008/03/26

セルジュ・ド・レンツ

今回は実在の犯罪者の紹介。
ルイ・シュヴァリエ「歓楽と犯罪のモンマルトル(下)」ちくま学芸文庫より

《一九二二年一月十五日、(略)、彼は自分のアパートから、見知らぬきわめて優雅な紳士が大きなスーツケースをもって出てくるのを見て驚いた。彼はあとをつけ、警察を呼んだ。取調べが始まると、すこしもおびえず、じつに優雅に、その見知らぬ男は断言した。「私はセルジュ・ド・レンツ、二十七歳。ヌイイのビノー大通りに住んでいます。私は紳士強盗です。あるいはこう言ったほうがよろしければ、強盗貴族です……」》(P335)

「紳士強盗」の原文はほぼ確実に「gentleman cambrioleur」と思われる。つまりアルセーヌ・ルパンの肩書きである(怪盗紳士と訳されてしまうことが多いけど)。この本にもアルセーヌ・ルパンの再来だと書かれている。

正面玄関をよじのぼり、屋根の上に這いあがり、月明りで美しい眠れる女性、夢を見たと思っている女性の前にあらわれる前に、かならず楽しみとアリバイ作りのためにモンマルトルのキャバレーにあらわれた。そのときにはかならず片眼鏡をかけ、新しい手袋をはめて、美しい女性を同伴していた。(同P336)

なるほど、と思わせる。でもルパンはモンマルトルに縁が薄いような気がする。シリーズ前半では。それゆえに犯罪行為に血生臭いイメージがないのだろうかとこの本を読んで思った。

Serge de Lenz - Wikipedia(仏語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Serge_de_Lenz


この男はその筋では有名らしく、アンドレ=フランソワ・ルオー氏作成の年表にもルブランとルパンシリーズ単行本の表紙絵を手がけたレオ・フォンタンがレンツの裁判を傍聴したらしきことが書いてある。

Arsene Lupin : chronologie d'un gentleman-cambrioleur(仏語)
http://captainbooks.free.fr/articles/lupin.html
「アルセーヌ・ルパン」エピソード年表(ルオー氏作成版)

アルセーヌ・ルパンは第1次世界大戦以降紳士強盗という肩書きを使用していない。その理由は時代にそぐわなくなったからだと私は考えているけれど、ケチが付いたから、と考えるのも一興かな。

「アルセーヌ・ルパン物語 怪紳士」保篠龍緒訳

新学社文庫、1980年初版、1997年重版

□目次
ルパンの捕縛…アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)
人か魔か…獄中のアルセーヌ・ルパン(1-2)
脱獄…アルセーヌ・ルパンの脱獄(1-3)
不思議な旅客…謎の旅行者(1-4)
ハートの7…ハートの7(1-6)
王妃の首飾り…王妃の首飾り(1-5)
アムベール夫人の金庫…アンベール夫人の金庫(1-7)
黒真珠…黒真珠(1-8)
遅かりし大探偵…遅かりしエルロック・ショルメス(1-9)

メモのみ。

新学社文庫は教育用のため、一般では購入できない。
中学校教材 | 新学社
http://www.sing.co.jp/school/jh_mate/sonota/sinbunko.html

2008/03/19

「花とゆめ」2008年8号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

そっか。こういうパーティーだとクロークがあるか。どこに隠し持ってるんだろう?と思ってた(蓮はローリィの黒肌の執事さん?に預けた)。大輪のバラのプレゼントという抜け駆けによってキョーコの笑顔を獲得した蓮。しかーし、バラの名前(クィーン・ローザ)を告げる前に、二人の会話をぶった切る一人の女が(笑)

モー子さん、ちゃんとプレゼントを買って持ってきてた。渡すかどうか迷っていたところを、キョーコの誕生日だと聞きつけて突進。(クロークに預けてあったのを取ってきて)強引にプレゼントを突きつける。どうしたのと聞かれて、蓮への対抗心から「あんたが好きそうだったから」と正直に告白。だって、敦賀さんは長身で、美形で、バラ似合ってるし!ずるい! 自分はキラキラコスメを買うと言う屈辱に晒されたと言うのに!っていうので。買おうとするも品切れで何件もはしごという屈辱にさいなまれつつも、最終的にゲットしたモー子さんいじらしくて可愛い。そのお蔭でキョーコの半端ない喜びようを手に入れたることができた。勝利おめでとう! 報われてよかったね。

だるまや夫妻やローリィ(いいえ私はあしながおじさん!!)からもプレゼントをもらって、クリスマスのついでのような形ではなく、誕生日として祝ってもらえる喜びに浸るキョーコ。サブタイトルがラッキーナンバー25(の英語)に変わっている。今回の蓮のちびキョーコ回想では、コーンの髪が金髪に描かれてた。顔ははっきり見せず。


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

久世番子先生「配達あかずきん」「番線」全員サービス

単行本発売に連動して、「本棚からぼた餅」と言う小冊子の応募者全員サービスがあるようです。

新書館[Wingsサイト]:トピックス_久世番子先生「配達あかずきん」「番線」全員サービス実施!!
http://www.shinshokan.co.jp/comic/w/topics/topics_ZensaAkazukin.html

書店員さんしか読めなかった幻の4コママンガ「暴れん坊営業さん」や描き下ろしマンガを収録!! 本と本屋さんを愛する久世番子の魅力が詰まった、永久保存版の小冊子です!!

とのこと。発売中の「配達あかずきん 成風堂事件メモ(1)」と4月上旬発売の「番線~本にまつわるエトセトラ~」を買って応募者できるそうです。応募締切は2008年8月20日。「番線」の発売日が4月にずれ込んでる…(3月下旬の予定だったのに)。ちなみに「配達あかずきん」は大崎梢さんの小説が原作の、書店員のミステリー。で「暴れん坊本屋さん」の路線を踏襲して、本の内容について薀蓄なり妄想なりを扱ったエッセイ。


既刊の「配達あかずきん」にはペーパープレゼント企画もあります。ペーパーが配布される店は限定されているのでご注意を。私はまだ買えていない。一度配布されてる店で見かけたけれど、中のチラシとペーパーを勘違いして近くで買えばいいやと思っちゃったんだよね。それからあまり出かけられてなくて。

新書館[Wingsサイト]:トピックス_久世番子先生描き下ろし「配達あかずきん」ペーパープレゼント実施!
http://www.shinshokan.co.jp/comic/w/topics/topics_PaperAkazukin.html

4月には愛知県の豊橋でサイン会も開催されるようです。地元なのかな。


□2008/03/29
本屋に行ったら「番線」でてました。あれ?
やっぱ3月発売のままだったか。

2008/03/14

「鞍馬天狗」時代小説英雄列伝

大仏次郎著、縄田一男編、中公文庫、2002年

□目次
【鞍馬天狗】大佛次郎
 鬼面の老女
 黒い手型
 西国道中記

【翻訳】大佛次郎
 「夜の恐怖」金扇

【随筆】大佛次郎
 鞍馬天狗と三十年

【解説】縄田一男
「行動する思索者」鞍馬天狗
大佛次郎年譜

□感想
掲載されている小説は、「鞍馬天狗」シリーズの処女作と歳晩期の作品(ラストから3番目、2番目)である。書かれた年代が30年強開いているので、「鞍馬天狗」の位置づけも異なるし、文体も大きく違う。「鬼面の老女」の文章はなかなか面白い。当時の教養が為せる業と言うか、今の時代こういう文体を書ける人はなかなかいないだろうから。

「鬼面の老女」は今回のTV時代劇「鞍馬天狗」の第1回の原作で、小野宗房と鞍馬天狗は原作では別人なのだけれど、TV版は同一人物である。この作品には元ネタがある。ジョージ・ウーリー・ゴフ(Gough, George Wooley)の「夜の恐怖(Terror by Night)」中の一編「金扇」という作品。すなわち、翻訳として収められている作品である。読み比べてみると、確かに換骨奪胎したものといえる。そこに、京都と言う土地柄や時代性、小野宗房という性根のまっすぐな青年や若人の恋の芽生えが散りばめられていて面白かった。「黒い手型」はスタンダードな探偵小説とも言える内容で、同種の趣向をどこかで見たり読んだりした気分になってしまった。「角兵衛獅子」の西郷吉之助は知っていたけれど、「西国道中記」の勝安房は知らなかったので、気づいたときは嬉しかった。


「鞍馬天狗と三十年」という随筆では、鞍馬天狗という自ら生み出したキャラクターを、時に疎ましく思ったり、好ましく思いながら付き合い続けたことや、書くスタンスの変化など、一人歩きしていくキャラクターと付き合うことの苦労について語らていて、ついルパンの生みの親に思いを馳せてしまう。

第1作の構想は「夜の恐怖」だとしても、鞍馬天狗はどこから生まれてきたのか。この随筆ではそのモデルについて語られていない。以下のページに拠れば「あれは『アイヴァンホー』の黒騎士と、ダルタニアンを混ぜたものだ」ということを言ったことがあるらしい。
日本推理作家協会
http://www.mystery.or.jp/kaiho/0301/rohei.html

とすると、アルセエヌ・ルパンとダルタニヤンの名が随筆に出てくるのは全くの無縁ではないと言うことかも。シトロエンを飛ばすというのはルパンのことか。シトロエン社は第1次世界大戦後に設立した会社なので、そのころのルパンならば乗っていてもおかしくはない。(シトロエンを飛ばすというと、もちろん高速でかっ飛ばす意だけど、映画「ファントマ 電光石火」でシトロエンが本当に飛んでいたことを思い出してつい楽しくなった。
シトロエン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A8%E3%83%B3


縄田氏による解説も読み応えがあった。鞍馬天狗の作品リストもあり。

2008/03/11

ヴイストンが「ブラックオックス」ロボットを開発中&「鉄人28号」再販

「鉄人28号」ロボットを発売したヴイストンが、今度は「ブラックオックス」を開発中で、年内発売予定だそうです。

asahi.com:鉄人28号の敵役「ブラックオックス」歩行ロボで商品化 - 関西
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200803110036.html
鉄人28号のライバルロボ商品化へ - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/release/tech/080311/tch0803112211000-n1.htm
鉄人28号の敵役「ブラックオックス」を開発 ニュース 関西発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20080311p402.htm

 2005年に開発した50分の1サイズの鉄人=同右=は、1体35万円ながら300体が売れている。当時より内蔵技術が格段に進歩し、両雄を対決させれば「オックスの圧勝だろう」と開発者は自信満々。

それは許せません(笑) 鉄人もグレードアップしましょう!


開発、販売元のヴイストンのサイトに詳細な情報があります。
ヴイストン株式会社|Vstone Co.,Ltd.
http://www.vstone.co.jp/
[ブラックオックス] Vstone Co.,Ltd.
http://www.vstone.co.jp/top/products/robot/blackox/
目玉として3点挙げられています。

  1. 最新のロボット技術を取り入れ、運動性能は飛躍的に向上
  2. 外装の作り込みでブラックオックスの迫力を再現
  3. 容易にブラックオックスを操ることができる完成モデルでの販売

鉄人28号ロボットは、自分の手で組み立てられるというのが一つのウリだったわけですが、部品の数も多く、難しく感じる方も多かったのでしょうか。(私は万一買うことができても無理だと思ったクチです)


この「ブラックオックス」商品化を記念して、TVアニメ版の鉄人28号ロボットが組み立て完成版(限定品) として再販中です。

TVアニメ版鉄人28号 組み立て完成版(限定品) [RK_T28_001] - ヴイストン株式会社 Vstone Co.,Ltd.
http://www.vstone.co.jp/robotshop/index.php?main_page=product_info&cPath=23_26&products_id=85
Vstone - TVアニメ版 鉄人28号
http://www.vstone.co.jp/top/products/robot/TV_T28/


ヴイストン「鉄人28号ロボット」まとめ

2008/03/09

広川太一郎さんのこと

広川太一郎さんがお亡くなりになったそうです。知ったのは昨日だけれど、実感が湧きません。ニュースの見出しで見つけたときは息が止まると思いました。まだまだお若いと思っていたのに。

私にとってはTVアニメの「名探偵ホームズ」のホームズ役が出会い。格好よくて優しくて、どこか軽さがあって安心できて、とーっても好きでした。思えば初恋の人かもしれません。

「クイズところ変れば!?」というクイズ番組(司会は山口良一さんと斉藤慶子さん)ではナレーションをしていらして、取材先のおばちゃんたちに、カメラ越しに「広川さん」なんて声をかけられていたなあ。「それじゃま、それクイズにしてみますか」みたいな感じでクイズに入るの。レポーターがいなくて、カメラが広川さんになりきって頷いてたりしてた。

声のお仕事と言うのを意識したのはこの方が初めてです。軽妙なナレーションや吹き替えが有名だけれど、二枚目の役はすごく渋くて格好いいんですよ。小説家の新井素子さんが「星へ行く船」というシリーズで広川さんの名前からとったキャラクターを登場させていました。実際にラジオドラマで太一郎さんが太一郎さん役をやっているのだと知ったときはびっくりしました。

2008/03/08

TV時代劇「鞍馬天狗」第8回 角兵衛獅子 後編

大坂城内で正体がバレで手負いのまま身動きが取れなくなった鞍馬天狗を救うため、桂は勤王の志士たちに頼みに行くが、悉くやられてしまう。近藤強い。吉兵衛弱っちい(笑) 武士じゃないから仕方ないけれどね。
杉作と白菊の言葉に動かされた近藤は、鞍馬天狗の隠れる米倉の前で、改めての一対一の真剣勝負を願い出る。勝負は10日後。城から出るとき、原作のように隠れて出てくるのかそのまま顔バレするのかはらはらしたのだけれど、バレちゃいましたね。手負いの天狗は凄みより色気を感じてしまった。
そして決闘。終わり方がかっこよかった。鞍馬天狗の顔アップ→完

DVDは2008年5月23日発売予定
鞍馬天狗 全2枚セット DVD・キャラクターグッズ 通販サイトのNHKエンタープライズ
http://www.nhk-ep.com/shop/commodity_param/ctc/+/shc/0/cmc/12026AA/
JBOOK:鞍馬天狗:野村萬斎:DVD
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3527727/s/


3月15日に東京国立近代美術館フィルムセンターで、1938年の映画「鞍馬天狗 角兵衛獅子」をやるみたいです。アラカンこと嵐寛寿郎主演で、フィルムは1950年の再公開版。
映画 鞍馬天狗 角兵衛獅子の巻 - allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=132886
東京国立近代美術館-フィルムセンター:上映会情報生誕百年 映画監督 マキノ雅広(2)
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2008-03/kaisetsu.html
喧嘩菩薩、鞍馬天狗 角兵衛獅子[『鞍馬天狗』改題短縮版]
3/15(土) 2:00pm

2008/03/05

トレインサーファー第2シーズンが放送中らしい

MTVのサイトで、シーズン2が2007年12が7日から毎週金曜日24:55頃-2500頃に放送中とあります。
MOVIEコンテンツの中でシーズン2の動画が3本見られます。
MTVの視聴環境に無いからDVDになってくれるといいなあ。Webで見られるのを見るとシーズン1の穴埋めみたいな感じもする。それも気になるネタではあるんだけど、新展開も見たい。

Trainsurfer 音楽・邦楽・洋楽のことならMTVJAPAN.com
http://www.mtvjapan.com/special/trainsurfer/

シーズン1はDVDが発売中です。
話題沸騰!!2つの超新感覚TV番組「スチーム係長」「トレインサーファー」DVD最新情報
http://www.paramount.jp/information/inf00110.html


DVD「トレインサーファー1」

□2008/03/18追記
「トレインサーファー1」のDVDを再生して調べてみたのだけど、収録されているのは次の話。15本しか収録されてなかったのか。今サイトで見られるシーズン2の動画は13話、14話、125話。ナカムラミホは無事か?!

  1. 第12話
  2. 第34話
  3. 第45話
  4. 第46話
  5. 第58話
  6. 第60話
  7. 第65話
  8. 第69話
  9. 第73話
  10. 第74話
  11. 第108話
  12. 第118話
  13. 第122話
  14. 第123話
  15. 第124話

2008/03/02

NHK BSハイビジョンで「鉄人28号 白昼の残月」放送予定

4月27日(日)に放送予定だそうです。

NHK BSオンライン
http://www.nhk.or.jp/bs/bsanime/
アニメ映画劇場 鉄人28号 白昼の残月
BShi 4月27日(日) 午後9:00~10:35

2008/03/01

高畠華宵展/夢二と謎の画家・小林かいち展

弥生美術館・竹久夢二美術館
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
弥生美術館:生誕120年記念 カリスマ挿絵画家・高畠華宵展
  少女よ、永久にそのよき日を愛せ…
竹久夢二美術館:夢二と謎の画家・小林かいち展
  ~大正ロマンから昭和モダンへ、花開く絵葉書・絵封筒の美~
会期は両者とも2008年1月3日(木)~3月30日(日)


訪問日:2/23
弥生美術館・竹久夢二美術館は、入り口が同じで入場券も共通。弥生美術館の展示物を1階から3階まで見て、2階にもどって夢二美術館に繋がる通路に行くルートになっている。

弥生美術館の展示は少女を中心としたものだけれど、2回には美少年の絵もあった。圧巻なのは六曲一双の屏風「移りゆく姿」。女性の風俗に精通した華宵だからこそ描けた作品だと思う。いつの時代の、どんな服装かを書いた解説を見ながらじっくり観賞できたのがよかった。関連して当時の髪型の変遷や、衣装に関する展示も多かった。職業婦人のダメなところ12か条なんていうのもあって、胸が痛い。だらしがないとか、掃除や勝手仕事ができないとか…その上いいところ12か条に会う項目が無かったりするんだなこれが(笑)

「怪盗ルパン」もあった、5冊あるうちの1巻目は「奇巌城」。ガニマールに拳銃を突きつけられてボートルレを盾にするシーンだ。これについては古本屋で見かけたことがある。講談社の出版で訳者は保篠龍緒。3階は正月にちなんで双六の展示だった。サザエさんのもあった。華宵の双六は2回に展示。


竹久夢二美術館で展示されていた小林かいちの絵は、少ない色でもコントラストがはっきりしていてとても綺麗だった。最近まで正体が謎で、なんとかいちの生没年が分かったのが2008年2月8日。ご子息が京都精華大学で行われていた小林かいちの展覧会のことを知って名乗り出たらしい。ドラマッチックだ。
京都新聞電子版:「父が、かいちとは…」謎の画家 長岡京に二男:2008年2月9日(土)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008020900099&genre=M1&area=K30
「小林かいちの世界」展 - 京都精華大学情報館(2007年12月から2008年1月に開催)
http://johokan.kyoto-seika.ac.jp/index.php?event%2Fkaichi

国書刊行会より「小林かいちの世界」と言う本が出ている。本自体はどこでも買えるけれど、弥生美術館で買うと絵葉書研究家・生田誠氏による寄稿が載った別紙が付いているので、買わなかったのを後悔している。風の弱い日に買いに行こうかな(行った日は強風だったので)。それとも3月16日(日)のギャラリートークを狙ってみるか。
Amazon.co.jp: 小林かいちの世界―まぼろしの京都アール・デコ 小林 かいち,山田 俊幸,永山 多貴子 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4336048509

こちらも気になった。
Amazon.co.jp: アンティーク絵はがきの誘惑 山田俊幸 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4863060181
Amazon.co.jp: 100年前の日本―絵葉書に綴られた風景 明治・大正・昭和 生田 誠 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4861262968

映画「かつて、ノルマンディーで」

『ニコラ・フィリベールのまなざし~正しき距離』公式サイト
http://www.nicolas-movie.jp/
原題は「Retour en Normandie」(ノルマンディーへの帰還)

ある殺人事件を扱った30年前の映画の出演者を追ったもの、という予備知識を持って見に行ったが、見てからそれが19世紀の殺人事件だと知った。1835年、20歳の青年ピエール・リヴィエールは母、妹、弟の3人を殺害した。尊属殺人は重罪である。裁判はつねに被告は狂人か否かが問われるものだった。その問題は20世紀にミシェル・フーコーの著書によって再燃し(映画には日本語の翻訳書も映った)、その著書を元に作られた映画が「私、ピエール・リヴィエールは」であり、1975年に撮影された。当時助監督を務めた人物が30年後に撮った映画がこの「かつて、ノルマンディーで」である。

この映画から何がしかの総括を得ようとするのは難しいかもしれない。全くの素人であった出演者たちのインタビュー(あるいは過去を懐かしんだり、あるいは現在おかれた状況を語ったり)や、農村のシーンを中心に、映画「私、ピエール・リヴィエールは」のシーンをはさみながら進んでいく。出演者は140年も前に生きた人の人生を掴もうとそれぞれ努めていた。終わりの頃にようやく登場した主演のクロード・エベールが饒舌に語る人だったので意表を突かれた。膨大な日記を書くことで昇華していた心のうちにあった言葉が、今の職業に付くことによって花開いたのだろうか。ピエール・リヴィエールを演じるにあたっては、見る人に好かれるようにしようと心がけたらしい。

30年経てば亡くなった人もいる。最後に19世紀の人物に扮した少し緊張気味の初老の男性が映る。監督の父である。撮影待ちなのか息子へ合図を送っているような仕草をしている。父の出番は「私、ピエール・リヴィエールは」の本番フィルムではカットされた。フーコーもフィルムに取られたけれど、同じくカットされたらしい。「かつて、ノルマンディーで」の中では映画フィルムの危機的な状況についても触れていたが、監督は、この映画が永劫に残ることを信じて、父の姿を留めておきたかったのかもしれない。


河出書房新社|ピエール・リヴィエールの犯罪(ミシェル・フーコー 著)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309706139
Amazon.fr - Moi pierre riviere - Rene Allio DVD(仏語)…ルネ・アリオ監督「私、ピエール・リヴィエールは」のDVD
http://www.amazon.fr/dp/B000YHGBB6
Moi, Pierre Riviere, ayant egorge ma mere, ma soeur et mon frere... (1976)(英語)
http://www.imdb.com/title/tt0074910/

「パリ・ルーヴル美術館の秘密」が見たかったけれど、知ったのは終わった後だった。
Amazon.co.jp: パリ・ルーヴル美術館の秘密 ドキュメンタリー映画 DVD
http://www.amazon.co.jp/dp/B0002GD4M8

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ