« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/29

池田乾:ドラマCD「戦う!セバスチャン 3」入手のこと

アニメイトで買ったのだけど、初回特典の「みたびちょこっとコミックス」に汚れがあったらしく、引換券が付いていました。確認したら裏表紙の真ん中辺に汚れが…。汚れ無し版との引き換えは3/2(日)~3/16(日)とあるので忘れないようにしなければ。3月2日以降に購入する方は汚れ無し版になるそうです。

クラブメール:池田乾「戦う! セバスチャン(3)」ドラマCD
http://www.fairynet.co.jp/clubmail/html/av/F-03C.html

□主なキャスト
セバスチャン: 大川透
デーデマン: 竹内順子
ユーゼフ: 森川智之
デイビッド: 小西克幸
Aくん: 谷山紀章
Bくん: 鳥海浩輔
ツネッテ: 山本麻里安
ヘイヂ: 吉田小南美
デーデマン父&ナレーション: 藤原啓治
デーデマン母: 氷青
ヨハン: てらそままさき
赤ちゃんセバスチャン: こおろぎさとみ
赤ちゃんユーゼフ: 荒木香恵


以前のドラマCDはこちら。
クラブメール;池田乾「戦う! セバスチャン」ドラマCD(試聴あり)
http://www.fairynet.co.jp/clubmail/html/av/F-01C.html
クラブメール:池田乾「戦う! セバスチャン(2)」ドラマCD(試聴あり)
http://www.fairynet.co.jp/clubmail/html/av/F-02C.html


□2008/03/02
か、可愛い~。相変わらず漫画読んでないとシチュエーションがよく分からないドラマCDだけど、今回は特にチャレンジャー。
赤ちゃんになったセバスチャンとユーゼフはひまわりとちびうさ、かわいい~。
Bくんの赤ん坊が瘴気を発している…俺は性善説なんて信じない!が再現されてて満足。
てか、ユーゼフさん、着ぐるみ着せられてちょっと喜んでる気が(笑)
2頭身キャラは本人たちがやっている。
この役立たぢゅ!←かわいいんだか可愛くないんだか(笑)
ツネッテ可愛すぎる~! デイビットちゃん、たちゅけてなBくんも可愛い。
後半はデーデマン4世が出てくる話。竹内さんの二役だけど、何割増か男前。

よしながふみ「西洋骨董洋菓子店」アニメ化

新書館[Wingsサイト]:トピックス_アニメ化決定!「西洋骨董洋菓子店」
http://www.shinshokan.co.jp/comic/w/topics/topics_seiyomovie.html

『西洋骨董洋菓子店~アンティーク~』として7月よりフジテレビ木曜深夜"ノイタミナ"ほかにて放送予定です。

「なんと"原作に忠実に"アニメ化されます。」に笑ってしまった。ドラマ(『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』)は別物だったからね。キャストはどうなるんだろう。ドラマCDはむちゃくちゃ豪華だったからなあ。しかも合ってた。登場人物の年齢からいってある程度ベテランが来ると思うけど、そのままだったらすごい。

ウィングス・CD&グッズ・リスト よしながふみ
http://www.fairynet.co.jp/clubmail/list/list-16yoshinaga.html
ドラマCDは1、2が全体のストーリーを追っていて、2で漫画の完結まで描いている。3、4は取りこぼしたエピソードをじっくりと、という感じ。

2008/02/27

青山ユニマット美術館「印象派展」

青山ユニマット美術館
http://www.unimat-museum.co.jp/
2007年10月16日(火)~2008年4月20日(日)

訪問日:2/24
エレベーターで昇った4階から下りながら作品を見るのが順路となっている。4階はシャガールの作品。3階がエコール・ド・パリの画家たちの作品で2回が今回の企画点の「印象派展」。2階ではシャガール生誕120周年として、シャガールのドキュメンタリーを上映していたけれど、時間の都合でパス。ウジェーヌ・ブーダンはお初に見るかも知れない。ノルマンディー地方出身の画家で、今回はル・アーブルを描いた絵が展示されていた。セーヌ川を描いたシスレーの絵もあった。ノルマンディ地方の絵があるとなるとつい惹かれてしまう。

2008/02/25

TV時代劇「鞍馬天狗」第6回 天狗と子守歌

幾松さん姉さん中心の回。なんというかギャグ回だ。
どうやって終わるんだろうと思っていたら、最後天狗がやってくれました。
扇子の動きがまるで特撮(笑)
今回の落としどころとしてはこんなものかも。
桂と幾松をからかう倉田と白菊が可愛かった。釣りの場面もほのぼのする。


京都で鞍馬天狗スタンプラリーというイベントをやってるようです。3月9日(日)まで。
JR西日本 : JRニュースニュース一覧ニュース詳細:「鞍馬天狗スタンプラリー」の実施(京阪神エリア)
http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1173495_799.html
JRおでかけネット - 鞍馬天狗スタンプラリー
http://www.jr-odekake.net/navi/stamp_kuramatengu/

古龍「楚留香 蝙蝠伝奇」全3巻(上・中・下)

土屋文子訳、小学館文庫、1998年

名前だけは知っていて、3巻手元に揃ったので読んでみた。
連続活劇風で次々話が展開していくのだが、
未知の武道の使い手や、未知の技が次々に出てくるものだから、
知っているのか雷電、と言いたくなった。
でも正直なところを言うと途中で付いていけなくなった。
大きいのは、私のスキル不足が大きいと思うが登場人物が多くて、
会話部分で、どのセリフを誰が言っているのか分からなくて混乱してしまったから。
主役は楚留香なのだろうけど、後半は友人の胡鉄花のほうがキャラが立っていていいかも。

この邦訳は上巻が「鬼恋伝奇(借屍還魂)」、中・下巻が「蝙蝠伝奇」という2作品の翻訳である。
話は上巻の方がまとまっている。中・下巻は最後があっけないし、“どうして”という部分が残ってしまう。

中国のルパン、颯爽と登場という風に下巻の解説で書かれているのだけど、分かる気はする。
(上巻で探偵役をつとめることや、下巻のおどろおどろしさもルパンシリーズに共通すると言えばいえる)
この本では盗みの場面は無く、手下の美女3人も名前しか出てこないが、
楚留香は盗みの現場にほのめく残り香から楚留香と呼ばれていて、決して人を殺めない侠盗である。


私が楚留香を知ったのはこのページ。楚留香の紹介と翻訳がある。
楚留香傳奇
http://www.hcn.zaq.ne.jp/caapa406/Classic/Chuliuxiang/

2008/02/24

舞台「恋はコメディー」

アルセーヌ・ルパンの文字があったのでメモ
泥棒姉妹が登場するコメディ劇。
フランスの女優マリア・パコーム(Maria Pacome)の戯曲「教えてよ!セリーヌ!」が原作で、1981年に「泥棒家族」として初演。

東京では24日まで、その後全国ツアーあり。舞台はほとんど見に行ったことが無いから結局行かなかったとは思うけど、ちょっと前に知ってればなあ。でも面白そうではあるんだけど、役者がちょっと苦手かも。

恋はコメディー-レッツエンジョイ東京
http://www.enjoytokyo.jp/OD004Detail.html?EVENT_ID=113854
[評]恋はコメディー (東宝) 演劇 舞台 エンタメ YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/theater/20080213et04.htm
2008「恋はコメディー」全国ツアー
http://www.tohostage.com/koicome.html
Emmenez-moi au theatre Apprends-moi Celine (1982) (TV)(英語)
http://www.imdb.com/title/tt0353394/


□2008/03/08追記
コメントで情報を頂きました。
この戯曲は1979年に劇団テアトル・エコーで「怪盗ママ」というタイトルで上演されたようです。こちらのほうが早いです。
テアトル・エコー - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%BC

フランスでは1976年~1977年頃から上演されていたようです。ダニエル・オートゥイユも出演していたとか。知っている名前なのに気づいてませんでした。
maria pacome au cinema et theatre(仏語)
http://joeyy.free.fr/maria_pacome.htm
Theatre On Line Daniel Auteuil(仏語)
http://www.theatreonline.com/guide/detail_artiste.asp?i_Artiste=36242
Apprends-moi Celine programme France 3 sur Programme TV.net(仏語)
http://www.programme-tv.net/2007-02-18/1/4/946460/hertzien/apprends-moi-celine.
<自動翻訳を元にした訳>息子に自分の「知識」を継承することが出きないことを残念に思っている引退した泥棒が、若い泥棒をつれてきて、職業の秘訣を教えます。

2008/02/22

雑誌「ネムキ」2008年3月号に「怪盗アルセーヌ・ルパン 八点鐘」掲載

JET氏による漫画化。今回は事件1「塔のてっぺんで」。連載のようなので「八点鐘」全8編をやると思われます。

OPENDOORS:雑誌:ネムキ
http://opendoors.asahi.com/nemuki/index.shtml


いつも「百鬼夜行抄」と「薔薇ノ紡書」を読むのに見逃してました。不覚。


□2008/02/26感想
エーグルロッシュが、殺した男の名前ではなく、殺された男の名前になってました。おそらくその方が成り上がりという様相がハッキリすると思ったのでしょう。でも私は、分かっていて注意をそらしながら本質に迫っていくというそら惚けた会話が好きなので、あっさり風味に思えてしまいます。あおりでは恋愛で引っ張るようですが。最後オルタンスが肩を露出しているっぽい服なのが、気になりました。暫くはケープとか羽織らないのかな。

今回の漫画化の底本は新潮文庫のようです。口調が独特なのですぐ分かる。巻末のコーナーにあらためて新潮文庫を購入したことがかかれてますが、新潮文庫の一人称は改訂されていないと思います。「813」などでは思いっきり「わし」と言っています。貴婦人の前では「僕」になる猫被りなのです。

2008/02/21

仲村佳樹「スキップ・ビート!」第18巻入手のこと

やっぱりクーいいなあ。いつも単行本と雑誌最新号とがリンクする内容があるけれど、今回もだ。尚の新曲が12月25日発売予定だった。誕生日に関しては蓮の抜け駆け状態だけど、この歌も関係してくるかな。

一部の書店で購入するとペーパーが付いてくるようです。
JBOOK:スキップ・ビ-ト!(18)【数量限定特典:著者のメッセージペーパー付(四つ折り)】:仲村 佳樹 著:書籍(サンプル画像あり)
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3499571/s/


□2008/02/22
18巻分を補完。
仲村佳樹「スキップ・ビート!」サブタイトル(単行本収録分)

「花とゆめ」2008年6号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

プレゼントだと言われても、マリアちゃんは受取るのをためらってしまう。マリアちゃんはパパに招待状を出さなかった。パパが飛行機に乗るのが怖かった。ママと同じ目に合うのではないかと。自分が望んだことは叶うことはないのだと。本当はパパに会いたかった気持ちがあふれて、泣きじゃくりながら口にする。無条件に親に甘えていい年頃なのにどこか斜に構えた態度を崩すことが無かったマリアちゃんが。(キョーコじゃないけれど、こっちまで涙腺が…)

マリアパパはこうして飛行機に乗って無事に来たのだから大丈夫だとマリアちゃんを抱き止める。「僕の娘に生まれてくれてありがとう」この言葉が聞けてよかった。


そして12時の鐘が鳴る。少し長びいた感のあるこのエピソードも終わりかと思いきや、誕生日おめでとう、ってええ?! 12月25日はキョーコ17歳の誕生日らしい。ローリィ一家から少し離れた場所で感涙に浸っていたキョーコに蓮から差し出された花。クィーン・ローザっていう薔薇だね、きっと。蓮はいつ誕生日を知ったのだろう? 子どもキョーコから?

そういえばモー子さんのプレゼントは?


次回7号はお休みで8号から再開。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

2008/02/19

月刊「ドラマ」2008年2月号

雑誌。映人社
http://eijinsha.weblogs.jp/

『相棒』特集ということで買ってしまった。最近は見てないのだけど、載っている作品はどれも面白かった。「トリオ・ザ・捜一」っていうのね、あの3人。主役2人以外では鑑識さんが好き。

□収録シナリオ
『ロンドンからの帰還 ベラドンナの赤い罠』 シーズン2第1話(2時間) 輿水泰弘・脚本
『特命係復活』 シーズン2 第2話 輿水泰弘・脚本
『ありふれた殺人』 シーズン3 第11話 櫻井武晴・脚本
『ついてない女』 シーズン4 第19話 古沢良太・脚本
『せんみつ』 シーズン5 第4話 戸田山雅司・脚本

TV時代劇「鞍馬天狗」第5回 山嶽党奇談 後編

倉田典膳は尊王派から出た裏切り者に近づき、鞍馬天狗を討つから仲間に入れてくれと持ち掛ける。鞍馬天狗が鞍馬天狗を討つわけにいかないので、その鞍馬天狗役は桂さんが…難儀な役回りだ。でもしっかり天気がらみのセリフは言う(笑)

山嶽党の里に入ることが出来た倉田は、運良く囚われた白菊が部屋から自力脱出したところで合うことが出来た。白菊は健気で強くて好き。

山嶽党の目論見を防ぎ、三島屋を無事討つことが出来た。そして短筒(鉄砲)ゲット。三島屋は山嶽党に助力していたけれど、目的は別のところにあった。


大佛次郎原作の小学館文庫「鞍馬天狗」一巻、角兵衛獅子を読んだ。
少年雑誌の連載で子供が読めるように書かれていて、言葉の意味がはっきりしていて読みやすい。それでちょっとくすぐったい。

この「角兵衛獅子」は第7回、8回に放送されるようだ。
NHKワールド・プレミアム - ドラマ(放送時間は正しくは20:00~のはず)
http://www.nhk-jn.co.jp/wp/guide/drama.html?a=00&s=0

2008/02/15

シャーロック・ホームズ対アルセーヌ・ルパンのアドベンチャーゲーム発売(続報)

海外からの輸入ゲームを扱う店でも購入できるようです。

Sherlock Holmes versus Arsene Lupin
http://store.shopping.yahoo.co.jp/ifeelgroovy/2104.html
GDEX Online Game Store
http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&itemid=101-11831
Sherlock Holmes VS Arsene Lupin 秋葉原アーク(ark)PC
http://www.ark-pc.co.jp/item/Sherlock+Holmes+VS+Arsene+Lupin/code/50100648


検索してみたけれど日本人でプレイしている方もいるみたい。やっぱり英語が難しいとか。リンクはしないけれど、攻略ページ(英語)もできているらしい。Walkthroughという単語で検索できるらしい。


シャーロック・ホームズ対アルセーヌ・ルパンのアドベンチャーゲーム発売

2008/02/14

アニメ劇場版「鉄人28号 白昼の残月」DVD発売情報(続)

正式情報です。
すでに出た情報とずれて無くて一安心。

StarChild 鉄人28号 白昼の残月
http://www.starchild.co.jp/special/tetsujin28/


アニメ劇場版「鉄人28号 白昼の残月」DVD発売情報

2008/02/13

オペレッタ「銀行家アルセーヌ・ルパン」のニュース映像

「銀行家アルセーヌ・ルパン」公演についてのニュース映像を発見
ルパン役の人の短いインタビューもあり。フランス語なので分からないけど。

''Arsene Lupin banquier'' au Theatre de l'Athenee a Paris - AOL Video-
http://video.aol.com/video-detail/arsene-lupin-banquier-au-theatre-de-lathenee-a-paris/891154450


フランスでオペレッタ「銀行家アルセーヌ・ルパン」が上演予定(続報)

アニメ「魔法のプリンセス ミンキーモモ」 怪盗ルピン

魔法の国フェナリナーサのプリンセス・ミンキーモモが、魔法で大人になり人々を助けて夢を与えるために頑張るというアニメ。後にリメイク作品が作られたけれど、これは初代の作品。懐かしいなと思って見ていたら、怪盗ルピンというキャラクターが出てきた。タツノコのルパンとキャラクターデザインが似ている気がする。どこがって…髪の色だけかもしれない。


第8話での登場はこんな感じ。
警官に変身したモモに見つかり盗んだ品物を置いていった泥棒、実は怪盗ルピンだった。逃亡中モモの姿が忘れられず引き返し、ヤクザ闘争からなだれ込んだ喧嘩に巻き込まれたモモを助けようと飛び込むが、一網打尽に捕らえられる。
あまり筋には関係しない脇というところ。声は筈見純という方が当てている。

他に12話と41話にも出てくるようだけどなかなか見る機会が無い。ダウンロードレンタルというのができるサイトを見つけたけれど手を出せていない。

魔法のプリンセス ミンキーモモ 第12話 怪盗ルビン大反撃 ダウンロード・レンタルビデオ【ビデックスJP】
http://www.videx.jp/anime/_item/item010801.htm
横に4つ並んだ画像の右から2番目の男がルピン

魔法のプリンセス ミンキーモモ ダウンロード・レンタルビデオ【ビデックスJP】
http://www.videx.jp/anime/_item/item010783.htm


(参考)タツノコのルパン
怪盗ルパン 813の謎 [廃盤/激レア][タツノコプロ]ビデオ・DVD - あるあるビデオドットコム
http://www.aruaruvideo.com/detail/G98507.html
アニメ「怪盗ルパン 813の謎」

2008/02/09

TV時代劇「鞍馬天狗」第4回 山嶽党奇談 前編

絵に描いたような悪代官ぶりが楽しかったー。鞍馬天狗に釘を刺されてのハハハハハの笑い声が小物っぷり全開でこれまた楽しい。天狗が登場するだけで気分が高揚する。ヒーローものの原点だね。

三島屋はいい人なのだろうか悪い人なのだろうか。鞍馬天狗と近藤も一旦は様子見ということで手を引いたみたいだけれど、たぶん山嶽党とやらと繋がりありなのだろう。

鞍馬天狗と近藤、互いに呼び出したわけではないのに、鉢合わせしたら剣を構えて立ち向こうとする。しかし、怪しい連中に取り囲まれていると気づくと無言で共闘する。この流れがしびれる。

2008/02/06

「花とゆめ」2008年5号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

DARK MOONご一行とだるまや夫妻ご到着。だるまやのおやじさんは黒の礼服しか持ってないんじゃないかと思っていたけれど、おみそれしました。しゃちほこばって居心地悪そう。あんな出迎え受けたものね。おかみさんの服も似合ってる。

本星の蓮&社さん到着。普通、社さんみたいな反応するよね。なんて平然と受け止めてるんだ(笑) キョーコが2人にプレゼントしたオリジナルカクテルの名前は、社さんが「夜の帳(とばり)」、蓮が「夜明けの明星」。なんで夜の帳かというと、要は女性に対する夜の帝王オーラの毒牙を遮蔽してくれるから?だそう。でもこの語の響き社さんの発想に同意。

ローリィのショー開始。どういう仕掛けなのか、オーロラのように光が舞ったり、紙細工のちょうちょが飛んだりする。キョーコは蝶をいっぱい捕まえてうっとりモード。蝶と来たら花、というクライマックスの手品。キョーコなんてたっぷり期待して待ってたのに、出てきたのはエルトラ(笑) そこから手品漫才に。そして日付が変わる15分前、最後に一面の花と共に出てきた一人の男性。エルトラが持ってきたプレゼントこそマリアちゃんのパパ(コウキ)だった。仕事中のパパを強引にさらって来たらしい。よかったね、マリアちゃん。

ローリィの血筋だけあって美形、内面はローリィと逆っぽいけど、エルトラ(マリア→トラおじさん、マリアパパ→デュリスさんと呼ぶ)曰く仕事に一途っていうところは似ているらしい。


単行本第18巻が2月19日発売予定。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

10mの鉄人28号が制作中止

以前鉄人28号製作中?で紹介した実物大鉄人28号が制作中止となったようです。残念です。

超ごめん。
http://ironwork.jp/monkey_farm/tetujin/t2.htm
なんでも作るよ。
http://monkeyfarm.cocolog-nifty.com/
Monkeyfarm なんでも作るよ。
http://ironwork.jp/monkey_farm/index.html


□2010/01/24
鉄人は今もJFEの作業場にあるそうです。
「乗れるロボットが作りたい」、スコープドッグを作り出した鉄アーティスト・倉田光吾郎さんにインタビューしてきました - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100122_kurata_kogoro/

2008/02/04

シナリオ版「キサラギ」

古沢良太著、白水社、2008年

映画「キサラギ」の脚本。映画の前に上演された舞台版の脚本も合わさっているので、映画とは少し違うところもある。巻末にはあとがきや、映画の5人の演者による芝居のアドバイスなど。しおり紐までピンクな気遣いがうれしい。

映画では洋服の青山だったのが紳士服のコナカだったり、安男の退場が少なかったり。
写真集見たかったかと聞かれてスネークがポロッと本音言っちゃうところは、映画よりもいいかも。ミキがどんな存在だったかっていうのは5人それぞれずれがあって、スネークが一番まっとうに異性として好きだったんじゃないかな。

それにしても写真集のタイトル、あれ天然ボケだったとは(笑)
映画では香川さんの言い方もナイス過ぎて面白かった。


折りしも2008年2月4日の今日、2度目の会合があったはずだけれど、結論は覆ったのだろうか。


白水社 書籍詳細|[シナリオ版]キサラギ
http://www.hakusuisha.co.jp/detail/index.php?pro_id=09400

2008/02/02

鉄人28号メモ (2008/02/02現在)

未確定含む。すべて雑誌やWeb検索によって知った情報なので、状況に変化があったり正確でなかったりするかも。

□アニメ劇場版「鉄人28号 白昼の残月」DVD発売予定
2008年5月21日発売予定
詳細はアニメ劇場版「鉄人28号 白昼の残月」DVD発売情報にて。

□「劇場映画『鉄人28号 白昼の残月』音楽集」発売中
サウンドトラック。伊福部昭氏の楽曲を使用。
http://www.7andy.jp/cd/detail?accd=R0237598

□ムック「鉄人28号 白昼の残月 公式徹底解析書」発売中
ソフトガレージ。「鉄人28号 白昼の残月」のネタバレあり。
http://www.amazon.co.jp/dp/4861330955


□横山光輝「鉄人28号 原作完全版」完全版全24巻発売中
潮出版。
http://www.usio.co.jp/html/comics/


□2004年度TVアニメ「鉄人28号」がバンダイチャンネルで配信中
http://www.b-ch.com/cgi-bin/contents/ttl/det.cgi?ttl_c=718

□2004年度TVアニメ「鉄人28号」関連ソフト発売中
・「鉄人28号」(シングルCD)…OPとEDを収録。実写劇場版、アニメ劇場版と共通
・「鉄人28号 音楽集」(アルバムCD)…おもに前半で使用された曲。TVサイズのOP・ED曲収録。
・「鉄人28号 音楽集 弐」(アルバムCD)…おもに後半で使用された曲。SEつきOP曲収録。
→CDの試聴については鉄人28号のCDが試聴できるサイトからリンクしています。
・「鉄人28号」DVD(バラ)全9巻
・「鉄人28号」期間限定生産DVD-BOX
→バラDVDとBOXとの違い、BOXの特典についてはスターチャイルドの以下のページで。
http://www.starchild.co.jp/kawara/050309.html

□書籍「鉄人28号 公式ガイドブック」発売中
小学館。2004年度アニメの公式ガイドブック。
http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4093852014


□リボルテック鉄人28号発売中
アクションフィギュア。ブラックオックスは2月15日発売予定。
http://www.kaiyodo.co.jp/revoltech/yamaguchi.html

□超合金魂(鉄人28号2種、ブラックオックス)発売中
http://www.tamashii.jp/sot/index.html

□実写劇場版「鉄人28号」関連ソフト発売中
・「鉄人28号オリジナルサウンドトラック」(音楽:千住明)
・「鉄人28号 スペシャルBOX <初回限定生産> 」DVD
・「鉄人28号 デラックス版」DVD
実写劇場版「鉄人28号」データ参照

□さとうふみや「鉄人奪還作戦」第1巻発売中
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=372252X&x=C

映画「魁!!男塾」

期待せずに予告も見ずに行ったけど、
私は楽しめました。以下だらだら感想です。

キャストについては1号生はおおむねよかった。
とくに富樫がぴったりで、次点で松尾、田沢、鬼ヒゲ。
松尾のサザエさんヘアーが再現されてたのがヨシ。
桃は声が優しすぎる。アクションは刀で魅せて欲しかった。
秀麻呂はまあまあ。虎丸は細すぎ。顔は悪くない線だと思う。
江田島の“訓辞”はもっと魅せ方があったと思う。
鎧とか武器とかちゃちい。映像が綺麗だから余計目立つ。
学ランと塾旗はかっこよかった。

脚本は秀麻呂の成長物語が軸となって割とまとまっていたけれど、
演出面が甘いかなあ。
でも油風呂(民明書房解説付)はよかった。千葉繁さんは
アニメでもナレーションやってたらしいけど、見てない。
富樫VS飛燕は吹き替えもCGもないらしい。
そういう画面に反映されないバカさがいいかも。
尺とキャストの都合でJと雷電の存在がばっさりカットされてた。
桃がJの名前を腕に彫り付けるシーンが記憶に残っているので残念。
でも、よく実写化しようとしたなと思うので、ちょっと応援したい。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ