« 10mの鉄人28号が制作中止 | トップページ | TV時代劇「鞍馬天狗」第4回 山嶽党奇談 前編 »

2008/02/06

「花とゆめ」2008年5号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

DARK MOONご一行とだるまや夫妻ご到着。だるまやのおやじさんは黒の礼服しか持ってないんじゃないかと思っていたけれど、おみそれしました。しゃちほこばって居心地悪そう。あんな出迎え受けたものね。おかみさんの服も似合ってる。

本星の蓮&社さん到着。普通、社さんみたいな反応するよね。なんて平然と受け止めてるんだ(笑) キョーコが2人にプレゼントしたオリジナルカクテルの名前は、社さんが「夜の帳(とばり)」、蓮が「夜明けの明星」。なんで夜の帳かというと、要は女性に対する夜の帝王オーラの毒牙を遮蔽してくれるから?だそう。でもこの語の響き社さんの発想に同意。

ローリィのショー開始。どういう仕掛けなのか、オーロラのように光が舞ったり、紙細工のちょうちょが飛んだりする。キョーコは蝶をいっぱい捕まえてうっとりモード。蝶と来たら花、というクライマックスの手品。キョーコなんてたっぷり期待して待ってたのに、出てきたのはエルトラ(笑) そこから手品漫才に。そして日付が変わる15分前、最後に一面の花と共に出てきた一人の男性。エルトラが持ってきたプレゼントこそマリアちゃんのパパ(コウキ)だった。仕事中のパパを強引にさらって来たらしい。よかったね、マリアちゃん。

ローリィの血筋だけあって美形、内面はローリィと逆っぽいけど、エルトラ(マリア→トラおじさん、マリアパパ→デュリスさんと呼ぶ)曰く仕事に一途っていうところは似ているらしい。


単行本第18巻が2月19日発売予定。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« 10mの鉄人28号が制作中止 | トップページ | TV時代劇「鞍馬天狗」第4回 山嶽党奇談 前編 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/40019391

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2008年5号 スキップ・ビート!感想:

« 10mの鉄人28号が制作中止 | トップページ | TV時代劇「鞍馬天狗」第4回 山嶽党奇談 前編 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ