« 「花とゆめ」2008年2号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | TVドラマ「有閑倶楽部」最終回(第10話) »

2007/12/23

大河ドラマ「風林火山」最終回(第50回) 「決戦川中島」

由布姫が止めたのは勝頼ではなく勘助だったのか。勘助しぶとい奴め、と途中で思ってしまった。勝ち鬨を確信して亡くなることができて幸いだっただろう。その通りに武田は勝ち鬨をあげることが出来た。骸と頭を取り返してきた、伝兵衛、太吉よーした!

単身乗り込んできた謙信(上杉政虎)の太刀を信玄が軍配で受け止めるシーンは、影像でははじめてみるシーンなので、評価はよく分からないけれど、おおこれかとちょっと感動。信玄は最後はよく見る信玄像に合わせてきて凄いと思った。回想シーンと若さや表情が全然違う。勘助も全然違う。勘助は由布姫一辺倒だったけど、最後、義信に武田家と勝頼様を頼むと言って陣に返したのはよかった。

平蔵はやはりあの老婆に助けられるのだろう。最後は助かれと思えるようになったので、そうなってほしい。最後ミツのセリフの締めを聞いて、1年見てきてよかったとしみじみ思った。

« 「花とゆめ」2008年2号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | TVドラマ「有閑倶楽部」最終回(第10話) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/17455549

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「風林火山」最終回(第50回) 「決戦川中島」:

« 「花とゆめ」2008年2号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | TVドラマ「有閑倶楽部」最終回(第10話) »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ