« 文豪・夏目漱石-そのこころとまなざし- | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」第47回 「決戦前夜」 »

2007/11/26

大徳川展

大徳川展 - 徳川将軍家、尾張徳川家、紀伊徳川家、水戸徳川家、全徳川家の至宝三百余点を一堂に公開 -
http://www.daitokugawa.com/
2007年10月10日(水)~12月2日(日)、東京国立博物館

訪問日:11/25
久々に平成館で並んだ。並ぶ前に50分待ちと案内に出てたけど、結局1時間くらい待った。並んでも見る価値ありと思う。5時閉館だと思って全部見れないなと残念に思っていたら7時閉館だったのでラッキーだった(土日のみ)んだけど、疲れて途中でギブアップして、後はざっと見るだけで終わった。甲冑は中に人が入ってそうで怖いし…。きらびやかだったり可愛いのがお好きな人は第2会場からお薦め。

徳川御三家堂々集結みたいな感じ。婚礼品なんかはあでやかでうっとりとしてしまう。保存状態もよくて、じっくり見ても飽きない。葵(徳川家の家紋三つ葵以外で)が刺繍などに使われていて、意匠としての葵もいいものだと発見。展示品にはちゃんと印籠もあった。名指しはなかったけど、某黄門様のドラマはフィクションですみたいな但し書き付きで(笑)。三十六歌仙の本で凄く好きな字があった。書の専門家の筆だけど、柔らかで今でもお手本に出来そうな字。将軍様だと慶喜の書は読みやすい字だった。家光と綱吉(だったかな)はあまり上手くなさそう。


平成館の企画展示室でやっていた「黒田記念館 黒田清輝の作品 II」の展示も見た。パリ留学中の絵を中心とした展示。絵の猫も犬も伸び~としていて和んだ。
期間:2007/11/6~2007/12/2

« 文豪・夏目漱石-そのこころとまなざし- | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」第47回 「決戦前夜」 »

歴史・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/17198510

この記事へのトラックバック一覧です: 大徳川展:

« 文豪・夏目漱石-そのこころとまなざし- | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」第47回 「決戦前夜」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ