« 横山光輝「五郎の冒険」全2巻(上、下) | トップページ | 「花とゆめ」2007年24号 スキップ・ビート!感想 »

2007/11/21

大河ドラマ「風林火山」第46回 「関東出兵」

四郎元服。信玄が由布姫に約束したとおり、諏訪家を継いで諏訪勝頼となりました。勘助はかなり誇らしそうであったが、勝頼には結構思い入れがある分、結果的に武田を滅ぼしたのはコイツか目線で見てしまう…。信玄にも勿論原因があるんだけど。

香坂弾正(春日源五郎)もいつの間にか名前が変わっていて冷静な武将になっていた。初登場は少年に見えたのに、すごい。次の戦を勝頼の初陣にと逸りたつ勘助を、武田家総出で家を守るものがいなくなっては困るのではと諌める。正しいがどこか黒い。香坂がではなく武田家の未来か…。

長尾景虎は嗣子のいなくなった上杉を継いで上杉政虎となった。なんか…直属の部下以外の、旧来から上杉(憲政)を慕っている者たちには評判よくなさそう。思考(思想?)が独自路線を走りすぎ。憲政も投げやりになるくらい(笑)…と思っていたらなにやら事件を起こしましたねえ。

« 横山光輝「五郎の冒険」全2巻(上、下) | トップページ | 「花とゆめ」2007年24号 スキップ・ビート!感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/17143584

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「風林火山」第46回 「関東出兵」:

« 横山光輝「五郎の冒険」全2巻(上、下) | トップページ | 「花とゆめ」2007年24号 スキップ・ビート!感想 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ