« 鉄人28号の見出しにありがちな言葉 | トップページ | NHKアーカイブス「人形劇 三国志」第1回 桃園の誓い »

2007/11/05

大河ドラマ「風林火山」第44回 「信玄暗殺」

信玄初孫に喜びすぎ(笑)。指ぱっちんってこの時代ありなの?

そんな疑問も吹き飛ぶ出来事が。

寅王丸…ほっぺたぷくぷくであんなに可愛かったのに…。容姿はさておき、セリフ回しが…。「ひどい」っていうのと平家物語のくだりがとくに酷かった。表情は、世を達観しているというか無表情という名の表情というかそういう風に見れば見れないこともなかった。信玄が寝て、長笈(寅王丸)が近づくシーンは少しためすぎ。信玄が打掛?を払いのけるシーンは見事だった。


寅王丸を含めてどうも諏訪関連の扱いはすっきりしない感がある。勘助の態度がその都度変わるというか。だから表の寿桂尼だけじゃない裏の越後に気づかない。平蔵なんて傀儡なのに。言われたことを言うしか出来ない。それにしても黒すぎる寿桂尼様素敵。

勘助は四郎(勝頼)に嬉しそうに陣形だとか戦について伝授している。やはり表向きは諏訪で、裏としては武田を継がせたいのだろうか。秋山と剣の稽古をしている四郎はちょっと腰が引けてるように見えるけれど身軽そう。

義信は武田の嫡男だという誇りがあるからか、少し傲慢にも思えるまっすぐな態度。これが今回荻乃の死と寅王丸の幽閉という結末をもたらしてしまったけれど、さらに後の事件にもつながっているんだろうな。嫌だなあ。

« 鉄人28号の見出しにありがちな言葉 | トップページ | NHKアーカイブス「人形劇 三国志」第1回 桃園の誓い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/16987418

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「風林火山」第44回 「信玄暗殺」:

« 鉄人28号の見出しにありがちな言葉 | トップページ | NHKアーカイブス「人形劇 三国志」第1回 桃園の誓い »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ