« 消臭プラグの殿 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」第43回 「信玄誕生」 »

2007/10/29

大河ドラマ「風林火山」第42回 「軍師と軍神」

四郎(勝頼)は高遠へ行ってしまった。高遠城の城主秋山信友の元で養育される模様。由布姫が持ってた?摩利支天を受け取っていた。ドラマ中に元服するのか分からないけれど、池松君再登場するかな。(年代を調べたら元服まで行かないみたい)

由布姫を失い痛手を負った勘助は高野山へ。家臣らに嫌気がさした景虎(謙信)も高野山へ。景虎は跡をつけられていたと誤解し勘助に問答無用に切りかかる。血の気が多いなあ。でも清胤に怒られて、翌朝並んで朝ごはんを食べているのを見てこの2人似たもの同士なのかもと思った。

勘助が高野山でもらった新たな摩利支天はリツの元へ。リツは妻ではなく養女になることになった。そうくるか、と思ったけれど、鬼美濃にしてみればよかった話だね。自分と同じくらいの爺に嫁がせるのは嫌だろうから。

« 消臭プラグの殿 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」第43回 「信玄誕生」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/16913145

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「風林火山」第42回 「軍師と軍神」:

« 消臭プラグの殿 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」第43回 「信玄誕生」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ