« 大河ドラマ「風林火山」第40回 「三国同盟」 | トップページ | 「花とゆめ」2007年22号 スキップ・ビート!感想 »

2007/10/17

大河ドラマ「風林火山」第41回 「姫の死」

勝頼登場。池松壮亮君が復活して嬉しい。さすが親子、幼い頃はそっくりだ。(晴信の幼名勝千代時代も池松君)。元服して亀治郎さんに変わったとき、なんじゃあ?という感じだったけれど、今はすっかりなれた。

家康もいましたね。松平元信と名乗っているけれど。雪斎のところで教えを受けていたらしい。織田の人質だったのでは?と思ったら、それは幼少のときで、のちは今川で育ったみたい。最後に駿府に隠居したのはこのためかな。雪斎に天下を…とか言わすのはやりすぎかなあと思う。

秋山信友が出てきた。確かこの人城攻めでその城を守っていた女性と結婚したはずと思って調べたら、それが女城主の岩村城だった(城の名前は携帯アプリの桃太郎電鉄で知った) 。こんなところで桃鉄が役に立つとは。


次回予告…ありえねー。でもだからこそ風林火山だ(笑)

« 大河ドラマ「風林火山」第40回 「三国同盟」 | トップページ | 「花とゆめ」2007年22号 スキップ・ビート!感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/16790071

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「風林火山」第41回 「姫の死」:

« 大河ドラマ「風林火山」第40回 「三国同盟」 | トップページ | 「花とゆめ」2007年22号 スキップ・ビート!感想 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ