« 東京駅で「激突!!光ロボ商店」開催予定 | トップページ | CD「フレンチ・フィルムノワール・アンソロジー Vol.4~TV編」 »

2007/07/22

「花とゆめ」2007年16号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

課題が終わったキョーコは喪失感に襲われる。クーと一緒にいて、クオンとして嬉しかったり泣いたりいろんな感情を味わって、それがなくなってしまうから。クーを先生としてずっと慕っていたがっている。

キョーコに足りないもの。「芝居の中で生きる喜び」それがあれば、凄い女優になるだろうとクーは言う。

もうすぐ蓮と対面すると思うと落ち着かないクー。ローリィは電話の声に抑揚がなかった蓮は怒っているだろうから、向こうから本題を切り込んでくるだろうと。

はい、やっと対面しました。蓮とクーが。で、以下次号。
(パターンなのは分かっているけれど、ここで切りますか!)


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« 東京駅で「激突!!光ロボ商店」開催予定 | トップページ | CD「フレンチ・フィルムノワール・アンソロジー Vol.4~TV編」 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/15841670

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2007年16号 スキップ・ビート!感想:

« 東京駅で「激突!!光ロボ商店」開催予定 | トップページ | CD「フレンチ・フィルムノワール・アンソロジー Vol.4~TV編」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ