« 「鉄人28号 白昼の残月」感想 | トップページ | 大回顧展モネ »

2007/06/11

ティエリー・ジョンケ「蜘蛛の微笑」

平岡敦訳、ハヤカワ文庫
あとがきにもあったけれど、何の予備知識なく読むのがいいです。タネに驚くというよりも描写にやられた感がある。二人称の部分もすごい。


本筋に関係ないところで私にはちょっとしたサプライズが。ヴェジネはルパンが住んでいた場所だなあ(「カリオストロの復讐」)と思いつつ読んでいたのだけど、あそこへ行くとは嬉しかった。エヴの株が上がった。

« 「鉄人28号 白昼の残月」感想 | トップページ | 大回顧展モネ »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/15400662

この記事へのトラックバック一覧です: ティエリー・ジョンケ「蜘蛛の微笑」:

« 「鉄人28号 白昼の残月」感想 | トップページ | 大回顧展モネ »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ