« ティエリー・ジョンケ「蜘蛛の微笑」 | トップページ | ル・フィガロのクイズ:アルセーヌ・ルパンを知っていますか? »

2007/06/11

大回顧展モネ

MONET 大回顧展モネ ―国立新美術館にて開催!―
http://monet2007.jp/
国立新美術館 2007年4月7日(土)~7月2日(月)

訪問日:6/4
開催前からずっと行きたくてチケットも買っていたけれど、会期も終盤になってしまった。100点近くモネモネモネで埋め尽くされていた。とくに「かささぎ」は圧巻だった。一番大きな睡蓮の絵は透明のプラスチックか何かで保護されてて、照明が反射して見づらかった。エトルタの絵も2枚あった「ポルト・ダヴァルと針岩」と「エトルタの日没」。

会場は細かくブロックに分かれているため、モネの影響を受けた作品のスペース(行き止まり)と順路と来た道とが分からなくなる、ちょっとした迷路感覚を味わってしまった。冷房の噴出し口が床にあるので、サンダルとか足が露出する靴だと冷えるかも。モネの影響を受けた作品たちは少なからず意味不明なものもあった。白いキャンバスが2つ重なってるのとかよく分からない。

グッズは普段見かけるのとは違う一風変わったものもあった。マーブルチョコレートをちりばめて絵道具のパレットのようにしてあるのが可愛いかったけど、高いのでパス。でもモネ・マーカーはつい買ってしまった。

« ティエリー・ジョンケ「蜘蛛の微笑」 | トップページ | ル・フィガロのクイズ:アルセーヌ・ルパンを知っていますか? »

歴史・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/15400688

この記事へのトラックバック一覧です: 大回顧展モネ:

» 「大回顧展モネ」を観て [Kirkの独白]
 昨日、今年1月21日に六本木に新しくオープンした国立新美術館(黒川紀章設計)にて、「大回顧展モネ:印象派の巨匠、その遺産」を観て参りました。印象派の巨匠、クロード・モネ(1840-1926)の絵画を、フランスのオルセー美術館を始め、アメリ... [続きを読む]

« ティエリー・ジョンケ「蜘蛛の微笑」 | トップページ | ル・フィガロのクイズ:アルセーヌ・ルパンを知っていますか? »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ