« ル・フィガロのクイズ:アルセーヌ・ルパンを知っていますか? | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」第24回 「越後の龍」 »

2007/06/17

アルセーヌ・ルパンシリーズ出版100周年

今を去ること100年前の6月10日にルパンシリーズ最初の単行本が発売されました。「怪盗紳士ルパン(1)」です。

「Arsene Lupin, gentleman-cambrioleur」というタイトルがなんとも秀逸です。最初の挨拶、名刺代わりとしてうってつけのタイトルだからです。「813(5)」で、ケッセルバッハに突きつけられた名刺の文句がまさにこの「Arsene Lupin, gentleman-cambrioleur」です。だから肩書きとフルネームが揃わなくちゃならないのです!

ちなみに新潮文庫版ではタイトルこそ「強盗紳士」だけど、名刺の肩書きには「紳士強盗」とも訳しています。実はこちらのほうが妥当なのではと思っています。

なお、ルパンシリーズの単行本一覧は「アルセーヌ・ルパン」作品リストにまとめています。


以下のブログで発売に先駆けて雑誌「ジュ・セ・トゥ」の1907年6月号に掲載された広告が紹介されています。

100年前のフランスの出来事 「強盗紳士アルセーヌ・ルパン」単行本ついに発売!
http://france100.exblog.jp/5604072/

景品もよくて、宣伝文句も気合が入っていますね。雑誌「ジュ・セ・トゥ」や原作を発表順に読んでいくと、シリーズを盛り立てるためにいろいろな手練手管を使っているのが分かって面白いです。純文学を志していたルブランにとってこれら商業主義は嫌な面もあったんだろうと思いますが、上手い。ルパンシリーズは第1作の反響を受けて続編の依頼を受けたようですが、ホームズ登場についても編集側から要請(強い期待)があったことは想像に難くないです。

折角なので、懸賞のベスト3に答えてみます。
1. 「ハートの7(1-6)」…「常軌を逸して素晴らしく思える冒険」といえばこれでしょう。
2. 「遅かりしエルロック・ショルメス(1-9)」…膨らんだ袋、零れ落ちる宝石…昔から好き。
3. 「王妃の首飾り(1-5)」…あらためてハヤカワ文庫版を読んだとき一番衝撃を受けた。

« ル・フィガロのクイズ:アルセーヌ・ルパンを知っていますか? | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」第24回 「越後の龍」 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

100年前のフランスの出来事>
おっと、こんなページがあるんですね!!!
この記事、僕のところでも紹介してみます。

いつもながらよくこんなの見つけられるなあ…感心です。

リンク先のブログは、「ジュ・セ・トゥ」を調べていたときに知ってから時折閲覧していました。当時の政治や芸術に関することなど理解できないながら新鮮な気持ちで読んでいます。

こんな風に100年前のルパンシリーズ出版の熱狂ぶりを知ることができるとは、本当に凄いことですよね。

「強盗紳士」の百年前の記事広告をご紹介いただきありがとうございました。おかげさまでアクセスが急増してびっくりしております。版元のラフィット社も予約購読者が倍々で増えていったのもやはり「ルブラン+ルパン」のおかげだったんだと次第に信じられるようになっています。今後ともご協力ご指導よろしくお願いします。

こちらこそお世話になっております。
予約購読者の増加はルブラン+ルパンのおかげ、そうだったら嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/15462920

この記事へのトラックバック一覧です: アルセーヌ・ルパンシリーズ出版100周年:

« ル・フィガロのクイズ:アルセーヌ・ルパンを知っていますか? | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」第24回 「越後の龍」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ