« 「コバルトときめきWebラジオ」第45回:榎木洋子先生 | トップページ | 雑誌「papyrus」(パピルス)の「机上の九龍」 »

2007/05/05

うさぎの皮を着たルパン - 特捜班ヴィクトール(19)

フランス語のLapinはうさぎの意味。この単語はLupinと一字違いです。そんなわけでルパンシリーズにはこの単語がしばしば出てきます。典型的なのは以下の箇所でしょう。誰のセリフかというのが面白い。

この二時間、この男は、わたし意のままに動く操り人形だった、でくのぼうだった。これが、いったい、リュパンですか。(略)そら、よく見てごらん、ラパン(うさぎ)の皮をきたリュパンだ。(「特捜班ヴィクトール」創元推理文庫P256)


余談ながら、スズキの自動車ラパンはこのフランス語から名前がついています。
My Lapin.com
http://www.mylapin.com/

Lapin(ラパン)はフランス語で「ウサギ」のこと。かわいい感じのデザインにピッタリで、音の響きもいいことから、車名に選びました。 (「開発ストーリー」より)

« 「コバルトときめきWebラジオ」第45回:榎木洋子先生 | トップページ | 雑誌「papyrus」(パピルス)の「机上の九龍」 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/14960971

この記事へのトラックバック一覧です: うさぎの皮を着たルパン - 特捜班ヴィクトール(19):

« 「コバルトときめきWebラジオ」第45回:榎木洋子先生 | トップページ | 雑誌「papyrus」(パピルス)の「机上の九龍」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ