« 東秀紀「怪盗ルパンの目から見たパリ論」 | トップページ | スター・チャンネルで映画「ルパン」放送予定 »

2007/02/04

松田ぱこむ「怪盗対名探偵 高電圧・長距離送電がもたらした電気照明のまばゆい世界

日本アイ・ビー・エムの技術情報誌『PROVISION』の連載コラム「19世紀のベスト・プラクティスあれこれ」で取り上げられたものらしい。

IBM PROVISION No.36 - Japan
https://www-06.ibm.com/jp/provision/no36/
PDFファイルなので直リンはしない。「19世紀のベスト・プラクティスあれこれ」のところにリンクがある。

ルパンとホームズそれぞれの変装について書かれている。面白かった。まさに日進月歩な科学の時代だ。

「変装の見破られにくさ」という点でルパンが不利というのは然りだと思う。ルパンの時代には写真がなかっただの、照明が暗かっただのと書かれている文章も見たことがあるが、そうではない。だからルパンの変装は目の前で実在の他人に成りすますことはまずなくて、「アルセーヌ・ルパンの素顔」からずれた変装が主眼のものが多い。だから(シリーズ後半に行くほど)一度変装姿を知ってしまったら、見破るのは難しいことではないことになっている。女に見破られてばっかりというのが情けないが…。

« 東秀紀「怪盗ルパンの目から見たパリ論」 | トップページ | スター・チャンネルで映画「ルパン」放送予定 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/13791199

この記事へのトラックバック一覧です: 松田ぱこむ「怪盗対名探偵 高電圧・長距離送電がもたらした電気照明のまばゆい世界:

« 東秀紀「怪盗ルパンの目から見たパリ論」 | トップページ | スター・チャンネルで映画「ルパン」放送予定 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ