« 2007年2月1日付読売新聞「鉄人奪還作戦」 | トップページ | 松田ぱこむ「怪盗対名探偵 高電圧・長距離送電がもたらした電気照明のまばゆい世界 »

2007/02/04

東秀紀「怪盗ルパンの目から見たパリ論」

TOKYO1.TV
http://www.tokyo1.tv/
三井不動産S&E総合研究所 協賛講座「都心の魅力:怪盗ルパンの目から見たパリ論」
http://www.tokyo1.tv/town/toshin_main.html
■開催日時:2003/11/12(金)
■開催場所:ワーカーズフォーラムMOCラウンジ

作家、都市計画家の東秀紀氏による講演を収録した映像が見られる。全部で46分で、アルセーヌ・ルパンに付いて触れるのは30分頃から。

都市の発展からミステリが生まれたというのはある程度定説になっているのでしょう。一般向けの講座のようだから真新しい内容ではないし、ルパンに関するデマを踏襲したりもしているので、見るならまったり見るのがいいんじゃないだろうか。

私はルパンシリーズにパリのイメージはあまりなかった。本領を発揮するのはむしろ郊外や地方なのだな。パリでも中心地ではなく新興地の一軒家が多いという指摘を見たことがあるし。だから前提がちと違うと思う。

メモ。永井荷風がフランスにいたのは1908年。

« 2007年2月1日付読売新聞「鉄人奪還作戦」 | トップページ | 松田ぱこむ「怪盗対名探偵 高電圧・長距離送電がもたらした電気照明のまばゆい世界 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/13791138

この記事へのトラックバック一覧です: 東秀紀「怪盗ルパンの目から見たパリ論」:

« 2007年2月1日付読売新聞「鉄人奪還作戦」 | トップページ | 松田ぱこむ「怪盗対名探偵 高電圧・長距離送電がもたらした電気照明のまばゆい世界 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ