« ルパンシリーズ作品関係図 | トップページ | 2007年2月1日付読売新聞「鉄人奪還作戦」 »

2007/02/01

太田勝・窪田一裕「よみがえったA・L・N」

「よみがえったアルセーヌ・ルパン」と読む。
「名探偵コナン 特別編」第28巻、小学館、2006年11月所収。青山剛昌原案。漫画。
初出:雑誌「小学四年生」(2005年10月号~11月号か。未確認)

□概要
コナンと毛利親子は、富豪でルパン愛好家の狩押富郎(かりおす・とみろう)の所有する破海城(はかいじょう)で開催される、アルセーヌ・ルパン100周年を祝うパーティーに招かれた。そこで狩押氏の所有する「女王の首飾り」が盗まれる事件がおきた。

□メモ
登場人物はルパンの恋人たちの名前のもじり。女王の首飾りはこの漫画ではある女王が付けたということになっているけれど、もちろん原作の「王妃の首飾り」を踏まえてのもの。フランス語では女王と王妃は同じ言葉(Reine)を用いる。Reineの称号を持つ人ということ。例えば女王の品格というけれど、王妃の品格とはあまり言わなかったり、気品と威厳が違うので女王の首飾りでもいいんじゃないかと思う。

□感想
この巻にA.L.N.ネタが載っていると知って探したのだけど、あ、読んだかもと思った。本編の漫画はチェックするけれど、特別編はまず手に取らないので忘れた。他にも好きなネタがあるからいいか。バレンタインネタも入ってるのだけど、本編は設定の都合上年中行事ネタは一度しかできないらしいのだけど、特別編はそういうことを考慮しないでいいってことかな。

« ルパンシリーズ作品関係図 | トップページ | 2007年2月1日付読売新聞「鉄人奪還作戦」 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/13739334

この記事へのトラックバック一覧です: 太田勝・窪田一裕「よみがえったA・L・N」:

« ルパンシリーズ作品関係図 | トップページ | 2007年2月1日付読売新聞「鉄人奪還作戦」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ