« 大河ドラマ「風林火山」第3回 「復讐の鬼」 | トップページ | 「ザ・スパイダースの大進撃」 »

2007/02/06

「花とゆめ」2007年5号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

「四国巡礼恋物語」は「花とゆめ」ならぬ「花はうめ」だった(笑)
モー子さん久しぶりー。自分のキャリアを伸ばすならイジメ役を断れとアドバイスする。初めてモー子さんが「キョーコ」と呼んだよ! 尚の活躍情報(詳細不明)を漏らしかけたのををごまかすためみたいだけど。

あのクーが帰ってくるらしい。というのは前作で嘉月役だった保津周平はアメリカで、クー・ヒズリだかそういう名前でハリウッドで活躍中らしい。その保津が日本に帰ってくるらしい。クーが帰って来る!とかいうから…何の脈絡もなく「遠い海からきたCOO(クー)」というのを思い出しちゃった。

それで保津の世話をラブミー部2人がやることになりそう。ローリィが変わったやつというくらいだからやはり変わってるのか? 冒頭のローリィの電話相手は保津? 「彼女」って誰のことだろう?


次回6号はお休みで7号から再開。単行本第15巻が2月19日発売予定。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« 大河ドラマ「風林火山」第3回 「復讐の鬼」 | トップページ | 「ザ・スパイダースの大進撃」 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/13805785

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2007年5号 スキップ・ビート!感想:

« 大河ドラマ「風林火山」第3回 「復讐の鬼」 | トップページ | 「ザ・スパイダースの大進撃」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ