« G・ファーバー「ノルマン人の謎 海賊ヴァイキングの足跡」 | トップページ | バルザック「ゴリオ爺さん」 »

2007/01/15

「鍾乳洞殺人事件/二輪馬車の秘密」

横溝正史翻訳コレクション、扶桑社文庫、2006年
D・K・ウィップル著「鍾乳洞殺人事件」
ファーガスヒューム著「二輪馬車の秘密」

両方とも先は読めるといえば読める。でも楽しめた。「鍾乳洞殺人事件」はその名のとおり鍾乳洞が舞台となっている。やっぱり私も「八つ墓村」を思い出した。

「二輪馬車の秘密」は抄訳。冒頭にルコックの名前が出るのだが、第1部で事件を、第2部でその因縁を語るというのはガボリオもそうなのだろう。ルルーの場合も「黄色い部屋の謎」が第1部、「黒衣夫人の香り」が第2部と称してもいいくらいだ。

巻末の「横溝正史翻訳リスト」にルパンものの翻案作品「ルパン大盗伝」「海底水晶宮」について軽く触れられている。

Fergus Hume free web books, online
http://etext.library.adelaide.edu.au/h/hume/fergus/

« G・ファーバー「ノルマン人の謎 海賊ヴァイキングの足跡」 | トップページ | バルザック「ゴリオ爺さん」 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/13507830

この記事へのトラックバック一覧です: 「鍾乳洞殺人事件/二輪馬車の秘密」:

« G・ファーバー「ノルマン人の謎 海賊ヴァイキングの足跡」 | トップページ | バルザック「ゴリオ爺さん」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ