« ミステリー名作選・アルセーヌ・ルパンの2作目公演予定 | トップページ | 「鍾乳洞殺人事件/二輪馬車の秘密」 »

2007/01/15

G・ファーバー「ノルマン人の謎 海賊ヴァイキングの足跡」

片岡哲史・戸叶勝也訳、アリアドネ企画、2001年

「ヴァイキングの足跡」を改題したもの。ヴァイキングといえば北欧、船、兜? ノルマン人=ヴァイキングだと知っていてもピンと来ない。ヴァイキングだったら目にとまらなかっただろうから、わたし的にはタイトル変えて正解。

ヴァイキングの発生から、ノルマン・コンクエストの時代までを扱っている。読んでいて、おお、エプトの条約!とか思った。「奇岩城」のキーワードだ。アメリカ大陸に渡った話や、スラブに進出してルス(金髪、漕ぐ人)がロシアという名称につながったという話、シチリア島のノルマン王国の建国の話なども面白かった。

次はノルマン・コンクエストのその後を扱った本を読んでみたいな。

« ミステリー名作選・アルセーヌ・ルパンの2作目公演予定 | トップページ | 「鍾乳洞殺人事件/二輪馬車の秘密」 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/13507796

この記事へのトラックバック一覧です: G・ファーバー「ノルマン人の謎 海賊ヴァイキングの足跡」:

« ミステリー名作選・アルセーヌ・ルパンの2作目公演予定 | トップページ | 「鍾乳洞殺人事件/二輪馬車の秘密」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ