« ケン・フォレット「大聖堂」上・中・下巻 | トップページ | ロスタン「シラノ・ド・ベルジュラック」 »

2007/01/10

「横山光輝の世界」その2

訪問日:1/8

最終日なので見納めに行った。一回目に行った感想は→「横山光輝の世界」
着いたのは遅かったけど、閉館までたっぷり見てしまった。影像もちゃんと見た。思えば私が生まれる前のアニメ&実写が殆どだ。

モノクロ鉄人。絵は…すごい。でもサスペンスみたいなヤクザな言い回しって最近はまる人いないと思う。
「魔法使いサリー」のアニメは途中でモノクロからカラーに変わったので、2バージョン放送されていた。全く同じオープニングで色だけが違う。
古川登志夫さんの「赤影参上!」って声があってる。おじいさん役といえば宮内幸平さんだとしみじみと見てしまった。
レッドシャドウ、きたろうさんが老人役で出ていた。いつものぽやーっとした声じゃなくてすごいと思った。
三国志の影像はなぜか「三国志2・天翔ける英雄たち」。ゲルマンな曹操や女于禁が出てくるシリーズのやつかあ。別のアニメだけど「時の河」が好き。

トーマス転炉の鉄人も見納め。写真だと表面は鉄板のようなものに見えたけど、さにあらず網網した物体がいくつも貼られていた。曲線の形が上手く出ていると思う。顔前面の半分くらいで鉄人化が止まっている(この状態で作品として完成)。後ろに回るとトサカの下にあたる部分も作られていた。


川崎市市民ミュージアムは等々力緑地とか等々力グランドとかそういうのがある場所で、そこで成人式があったようで、ファー+振袖姿の女の子が多かった。日が落ちるまでいる子もいて寒くないんだろうか?と思った。

« ケン・フォレット「大聖堂」上・中・下巻 | トップページ | ロスタン「シラノ・ド・ベルジュラック」 »

鉄人28号」カテゴリの記事

コメント

鉄人28号は、とうとう解体されてしまったようですね。
何だかとても寂しいです。

解体されてしまったんですね。なかなか似合っていたのですが残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/13413670

この記事へのトラックバック一覧です: 「横山光輝の世界」その2:

» 「トーマス転炉鉄人化計画」の主役、鉄人28号が解体! [K.T.P.S.2006(Blog)]
先日のブログで、「横山光輝の世界」展関連の投稿は最後(?)と書きましたが、 今回の投稿が本当の最後になりそうです。 川崎市市民ミュージアムのHPにあった、「横山光輝の世界」展の紹介やイラストの姿もなくなり、 あれほど賑わっていたブログでも、関連記事を殆ど目にしなくなり、寂しい限りですが、 そんな中、「トーマス転炉鉄人化計画」の主役となった鉄人28号の解体の様子を、 写真入で報告しているブログがありました。 ... [続きを読む]

« ケン・フォレット「大聖堂」上・中・下巻 | トップページ | ロスタン「シラノ・ド・ベルジュラック」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ