« 「ゴーストハント」第13話 | トップページ | 「奇岩城」探求(その3) サヴォワ地方 »

2007/01/05

「花とゆめ」2007年3号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

キョーコはビーグルに言われた、石の持ち主(コーン)がもう生きていないと言われたことがショックで落ち込む。苦しんでいたことを知っていたのに助けてあげられなかったと。蓮は正体ばらすわけにはいかず、大丈夫だ、きっと生きてて空を飛んでいるよと慰める。コーンは金髪だよね。髪の色が変わる(濃くなる)のはあるらしいけれど、あれだけ成長していて金髪なら、今は染めてるんだろうなあ。

ビーグルはウッドストック(録音スタジオ)から追放されてニューヨークに去るようだ。めでたしめでたし。でもひょっとしたらニューヨークが蓮の本拠地だったりして?

次は連載100回&新章突入。今回のサブタイトルはラブストーリーは突然に-ラスト-だった。まだラブストーリー編だったのね。


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« 「ゴーストハント」第13話 | トップページ | 「奇岩城」探求(その3) サヴォワ地方 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/13348333

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2007年3号 スキップ・ビート!感想:

« 「ゴーストハント」第13話 | トップページ | 「奇岩城」探求(その3) サヴォワ地方 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ