« ジョゼフィーヌ・バルザモ(Josephine Balsamo) | トップページ | 映画「リュミエール兄弟と巡る映画の旅」+「コーラス」 »

2006/12/21

ダン・ヴラウン「ダ・ヴィンチ・コード」上・中・下

角川文庫、越前敏弥訳

表現が直接的すぎて小説にする意味は?と思ったりして。この本の種となっている話は「ジュール・ヴェルヌの暗号」という本で知っていたのだけど、展開も工夫がないし、なんだかパズル雑誌に載ってる謎解き漫画みたい。パズルを解くためだけに設定されたキャラクターが動いているという感じ。この手の謎解きは無理を承知でへえーっていうのが相場だけど、なんかダメだったな。上巻の途中で飽きてしまった。種本から引っ張ってきたであろう部分は面白かったけど。

« ジョゼフィーヌ・バルザモ(Josephine Balsamo) | トップページ | 映画「リュミエール兄弟と巡る映画の旅」+「コーラス」 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/13145784

この記事へのトラックバック一覧です: ダン・ヴラウン「ダ・ヴィンチ・コード」上・中・下:

« ジョゼフィーヌ・バルザモ(Josephine Balsamo) | トップページ | 映画「リュミエール兄弟と巡る映画の旅」+「コーラス」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ