« 映画「山椒大夫」 | トップページ | 「ゴーストハント」第7話 »

2006/11/15

雑誌「小説Wings」2006年秋号 「傀儡 HARD LINK」感想

著者:高橋明、36ページ

怪我をした電気屋の代わりに丹宮と威(ウェイ)が依頼の場所に物を取りに出かけた。でもそうやらそこは多国籍マフィアが所有していたビルらしくて…。

威があの鬱陶しい髪を切って別人になっている。回想シーンで小さい茅子が… 少しずつ威の過去が明かされていくのかも。

2007年1月に単行本第2巻が発売予定とありました。

« 映画「山椒大夫」 | トップページ | 「ゴーストハント」第7話 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/12700490

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「小説Wings」2006年秋号 「傀儡 HARD LINK」感想:

« 映画「山椒大夫」 | トップページ | 「ゴーストハント」第7話 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ