« 「花とゆめ」2006年23号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | 高齋正「馬なし馬車による走行会 パリ~ルーアン1894」 »

2006/11/06

「アルセーヌ・ルパン物語 奇巌城」保篠龍緒訳

新学社文庫、1976年初版、1992年重版

新学社文庫というのが懐かしい。新学社文庫は一般の書店では流通していなくて、学校で注文して購入するタイプの本。だからこれは古書で入手した。この「奇巌城」はたぶん読んだことがないだろうけど懐かしかった。ほかに「怪紳士」も出ているらしいのでどこかで入手したい。

この新学社文庫の初版が出たときには保篠氏はすでに鬼籍に入っているので、底本となっているテキストがあるのだろう。暗号の三角の中の点がないのは訳者のせいじゃないはず。訳文の古さは否めないし、自動車が馬車となっていたり(これは馬車の用語が自動車の用語に転用されたためかも)、一部文章を処理してあるような印象を受けるけれど(実際処理してあると分かるところもある)、予想していた以上に原文に沿った訳となっていて、創元版や新潮版で省略されている箇所もきちんと訳されている。青い鳥文庫の「ルパン対ホームズ」は抄訳で不満だったけれど、これは納得がいく訳だった。といってもどれだけ正確な訳かは分からないので、あくまで訳のみを読んだ感想だけど。

保篠氏がルパン翻訳史の初期に翻訳を試みたことは十分評価すべきだと思う。

« 「花とゆめ」2006年23号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | 高齋正「馬なし馬車による走行会 パリ~ルーアン1894」 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/12580647

この記事へのトラックバック一覧です: 「アルセーヌ・ルパン物語 奇巌城」保篠龍緒訳:

« 「花とゆめ」2006年23号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | 高齋正「馬なし馬車による走行会 パリ~ルーアン1894」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ