« 長尾文子「悪魔の手毬唄」感想(雑誌「サスペリアミステリー」2006年11月号別冊ふろく) | トップページ | 「ゴーストハント」第2話 »

2006/10/11

ファントマの映画(危機脱出、電光石火、ミサイル作戦)

「ファントマ映画祭」で見た1960年代に製作された3作品。
監督:アンドレ・ユヌベル

◆ファントマ 危機脱出
原題:Fantomas(ファントマ)、1964年
http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=13453
冒頭にジューヴ警部のテレビインタビューが映るけれど、あちゃーな人(ドジっ子)だと思ってたらそのとおりの人物が、しかもファンドールより頭一つ以上小さく出てきたので笑ってしまった。ちなみに座高は身長ほど変わらない(笑)。

ジューヴ警部役のルイ・ド・フュネスは喜劇役者で、動きや表情のリアクションを見せるタイプらしくジューヴ警部が出るたび内心ずっと笑いっぱなしだった。中盤になってくるとトムとジェリーみたいな分かりやすい笑いのシーンなどがあって、他の観客の笑い声が聞こえたから安心した。ジューヴ警部は1話目が一番いい。

パリが舞台なので、凱旋門やエッフェル塔がカメラに収まるように撮っている。私が知ってるパリの建物はこの2つだけなのでちょっと嬉しい。古いからしかたないけれど切迫しているシーンでもどこかのんびりしているように見えてしまう。次々と乗り物を変えて追いかけっこするのが面白い。けど長い。おじさん2人よくがんばるよと思ってしまった(追いかけっこの前段階も結構長い)。エレーヌのピンクのワンピースが可愛いかった。


◆ファントマ 電光石火
原題:Fantomas Se Dechaine(ファントマ暴れる(?))、1965年
http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=13708
のっけからありえなさが漂っている。ジューヴ警部がレジオン・ドヌール勲章、ありえない(笑)。ファンドールまでいつの間にか変装名人になっている。変装される人もおじさんばっかりだし、おじさん映画だ。気づいたけど、エレーヌさんって…ノーブラ。途中仮面舞踏会があるけれど、エレーヌの可愛い魔女ジーニーみたいなエキゾチックな格好が似合ってた。ジューヴ警部は動きが漫画みたいだけど、部下のベルトランは顔が漫画みたい。

今回の舞台はローマでローマ観光みたいなシーンが挟まっている。タイトルバックのアニメーションで前回のおさらいがあるのがなかなかうまい。


◆ファントマ ミサイル作戦
原題:Fantomas Contre Scotland Yard(ファントマ対スコットランド・ヤード)、1967年
http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=13836
今回の舞台はスコットランド。ネス湖のあるところ。タイトルが浮かぶと確かに音楽がスコットランドのような感じがした。冒頭アタッシュケースにつけられたモニターでファントマが前回のおさらいをしてくれる。なんて親切な犯罪者。でもその包みは…と思ってたらやっぱり死体だった。殺されたくなきゃ金を払えという脅しである。

この作品は3作の中ではちょっと評価が落ちるかも。幽霊騒ぎがしつこすぎる。でも犬まで変装をするその根性に笑ってしまった。2作目で空とぶ車まで進化したと思いきや一転原始的な乗り物である馬が登場したのも面白かった。その後思いっきり未来に飛ぶけど。


3作品の中で一番好きなのは1作目かな。1910年代の映画も見てみたい。ファントマは日本語では「ファントマ」とされているけれど、映画の中では「ファントマス」と発音されている。ただし、フランス人でもファントマと呼ぶ人はいると、たしか「ファントマ幻想」に書いてあったと思う。原作ではファンドールとジューヴどっちがメインなのだろう。映画ではファンドールみたいだけど。新聞記者が探偵なのはルールタビーユ以来の伝統か。

第2作、第3作になると非現実的な道具が出てくるけれど、第1作目は割と現実的(ファントマは除く)。だからアルセーヌ・ルパンの時代にないのはヘリコプターくらいかもしれない。性能やスピードはまったく違うだろうけど、飛行機も潜水艦もあるもの。しかも原作に登場するし。でも違うのはルパンがしばしば「追われる」のではなく「追う」立場になるということ。文明の利器を使って逃げるのじゃなくて、追いかけるのだ。


□過去の関連記事
「ファントマ映画祭2006」今夏ロードショー予定
「ファントマ映画祭2006」に行ってきた
フランスの切手「探偵小説のヒーローたち」

« 長尾文子「悪魔の手毬唄」感想(雑誌「サスペリアミステリー」2006年11月号別冊ふろく) | トップページ | 「ゴーストハント」第2話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ファントマ 観たいですね。
むか〜し わけもわからずレンタルビデオで借りて、たしか3作一気に観ました。
おもえば、TAXiやキッドナッパーズとかフランス映画が好きになったのもここからだったような気がします。
ファントマシリーズは今探そうとしてもDVDはバカ高いし、レンタルでも見かけません。残念ですね。

「ファントマ」シリーズ、見ようとしても、なかなか見られませんね。
大昔にテレビ放映されたときの吹き替えなんかがあったら
見てみたいです。
TAXIシリーズは一時期よくテレビ放映されていましたね。
フランスのちょっぴりおバカなテイストが面白かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/12247437

この記事へのトラックバック一覧です: ファントマの映画(危機脱出、電光石火、ミサイル作戦):

« 長尾文子「悪魔の手毬唄」感想(雑誌「サスペリアミステリー」2006年11月号別冊ふろく) | トップページ | 「ゴーストハント」第2話 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ