« 「ゴーストハント」第3話 | トップページ | 朗読舞台「ラヴシーンVol.11 奇岩城~ルパンが愛した女~」上演予定 »

2006/10/21

「花とゆめ」2006年22号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

高揚感が~やっぱいいですねえ。尚がやる気になってる。ちょうど出た単行本の最新刊14巻と同じだ。

新しく仕上げた新曲に盗作対策としてなんかやってるらしい。自信ありげ。ビーグルには無理といってたけど何だろう。デビュー曲のアレンジ?とか思ったんだけど(それならビーグルにパクられたことになるし)。あとビーグルが楽譜の裏まで見るかどうかもポイントかなあ。

ビーグルのレイノはダメージ抜けきれず携帯(メールの文字)で発言している。口でしゃべれよ。でもメンバーは懲りずにパクってレコーディング。

あと蓮(ダブル朝食のため昼食断って休憩中)がキョーコ(例のごとく社さんの策略で送り込まれた)に頼みたいことってなんだろう?


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« 「ゴーストハント」第3話 | トップページ | 朗読舞台「ラヴシーンVol.11 奇岩城~ルパンが愛した女~」上演予定 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/12361419

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2006年22号 スキップ・ビート!感想:

« 「ゴーストハント」第3話 | トップページ | 朗読舞台「ラヴシーンVol.11 奇岩城~ルパンが愛した女~」上演予定 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ