« 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第11巻購入のこと | トップページ | 「花とゆめ」2006年19号 スキップ・ビート!感想 »

2006/09/04

「ウエスト・サイド・ストーリー」ミュージカル感想 2

ウエスト・サイド・ストーリー 2006年日本公演公式サイト
http://www.westsidestory.jp/
2006/8/16(水)-2006/9/3(日)
Bunkamura オーチャードホール

観劇日:9/2
2度目です。1度目の感想は→「ウエスト・サイド・ストーリー」ミュージカル感想
当日券だったけど出来るだけ真中から見たかったので、2階席の2列目になった。全体見渡せてよかったけれど、舞台が遠くて字幕は読むの諦めた。オペラグラスは前回はオーチャードホールで借りたけど、今回は自分で持っていった。肉感がすごいー。胸でかい(何を見てんだか)。

最後マリアにショールを掛けようとして断られてたのはシャーク団の女の子で、舞台上最後に残ったのはエニバディスでした。彼女はやっぱりコールガールになっちゃうのでしょうか。エニバディスが個々の場面でどういう立ち位置にいるか気になるけれど、1万円も払ってると、どれか一つに集中して見るよりあれもこれもと見ないと勿体無いと思ってしまうんですよね。チケット高い~。


リフ亡き後実質トップなのはアクションでしょうか。顔が覚えられないから間違っているかもだけど、ジェット団のナンバー2は彼らしいので。周囲からイージー、アクション(落ち着けアクション)と言われるトップって何かほほえましい。でも反発は招かないけれど、トップによる自制が効かない分ジェット団は社会への不満をそのまま抱えてしまい(クラプキ巡査)、アニタの暴力に走ってしまうことになるんでしょう。仲間が亡くなっているのにふざけた歌を歌うのは変と言うので映画版ではクラプキ巡査の挿入位置が変わったらしいけれど、舞台は舞台でいいと思う。最初に舞台版を見たときに、映画版をTV放送でしか見たことがなかったから、コミカルなクラプキ巡査にびっくりした。

舞台と映画との違いはいくつかあるけど、この点で大きなのは「アイス」の不在。アイス(ICE)はその名の通り、クールを歌うための人物なのかも。映画は歌部分が吹替えであることは有名だけど、リフの歌の吹替えはアイスで、ジェット団の歌を歌ってるのはアイス…かわいそうなリフ。舞台ではリフがクールを主導する。今回はあまり印象に残らなかったけど、前回は決闘の打ち合わせのあとシャーク団が追い出されて、ジェット団がシュランク警部の暴言に指をならすことで堪えるシーンで胸にずしりと来た。リフ自身が抑えきれない憤りを身の内に抱えてたんだと思う。本当はシャーク団のほうがもっと深刻な状態だろうけれど。

大人チームではドクは格別として、グラッドハンド氏が何気に好き(ダンスシーンで輪を作らせる役の人)。ダンスが始まるまでのあのぐだぐだ感がたまらない。シュランク警部がどこかで笑いを誘ってた気がする。


さて2回目を見に行ったのは、前回2階席の左右の迫り出しているところで見たからかも知れないけれど、なんか演奏がいまいちで、クインテット(みんなでトゥナイトを歌う曲)は歌もあまり上手く聞こえなかったから。やっぱりクインテットが印象に残らないとウエスト・サイド・ストーリーを見た気がしない。今回はなんとか合格点に聞こえました。トニーやマリアは言わずもがな。女の子たちのコーラスもきれいで良かった。

劇場ではパンフレットと映画版のサントラ買いました。昔出ていたサントラ盤は不完全で曲も少なかったけど今は完全版となっている。結婚の誓いのセリフや銃声まで入ってたり。私は輸入版持ってるから買う必要ないんだけど、英語が読めない!!ということでライナーノーツのために買いました。歌詞の和訳とか写真とかあったから損はしないけど。マリアって16歳なの?!とちょっとびっくりしてしまった。みんなティーンエイジャーの設定だとは薄々知ってたけど。


□2006/09/11追記
この日見たベルナルドはアンダーのトニー・ゲレロ。1回目に見たときはアナウンスがなかったので、たぶんパンフレットどおりガブリエル・カネットだったと思う。

« 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第11巻購入のこと | トップページ | 「花とゆめ」2006年19号 スキップ・ビート!感想 »

よろづ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/11761312

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウエスト・サイド・ストーリー」ミュージカル感想 2:

« 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第11巻購入のこと | トップページ | 「花とゆめ」2006年19号 スキップ・ビート!感想 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ