« 「花とゆめ」2006年18号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | チョーさんがチョーさんになっちゃった »

2006/08/21

「スーパーマン」

テレビ朝日日曜洋画劇場、8/20

面白かった。1978年の映画なのに、デジタルリマスターということで、映像がきれいだった。「ウエストサイド物語」(1961年)はデジアルリマスターでも色あせてたり、一部影のようなシミのようなものがあったけれど、古いといえども20年違うとフィルムの状態が全然違うんだろうなあ。

スーパーマンは服を着てても隠し切れない体格が凄い。メガネはまた違う意味で凄い。好みじゃないけどかっこよかった。敵の3人は掛け合いが面白かった。弱点を見抜いちゃうのはすごい。いつ筋に絡んでくるのかとおもったけど。

あのコスチュームであの色といえば見たことあるのは梅干食べてスッパマンだったよ…。パロディというのは勿論知ってたけど見たことがなかった。

ところで、主役の吹替えは東地宏樹さんだった。弱いかと思ってたらなんのなんの、スーパーマンになったときはしっかりしてた。印象が全く違ってて切り替えがすばらしい。旧吹替えでは佐々木功さんだったらしいけれどそれ分かる。現在やっている新作でも東地さん吹替えらしい。

« 「花とゆめ」2006年18号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | チョーさんがチョーさんになっちゃった »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/11534941

この記事へのトラックバック一覧です: 「スーパーマン」:

« 「花とゆめ」2006年18号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | チョーさんがチョーさんになっちゃった »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ