« 鯨統一郎「月に吠えろ! 萩原朔太郎の事件簿」 | トップページ | 川崎市市民ミュージアムで「横山光輝の世界」展が開催予定 »

2006/08/27

「おばはん刑事!流石姫子ファイナル」

テレビ朝日、8月26日(土) 21:00~

昼間の再放送でしっかり予習してファイナルに臨みました。横浜本牧署の刑事・流石姫子(中村玉緒)と署長の堤恭一(鶴見辰吾)は親子。姫子と恭一の父啓吾(北村総一朗)は昔恋人で、愛し合っていた二人は警察のエリート一家だった啓吾の家族に引き裂かれてしまったのでした。結婚できずに生んだ子供も半ば強引に啓吾の家族に引き取られ、啓吾は別な女性と結婚し(結婚させられ?)、その女性が亡くなった3年後に姫子と恭一は再会します。恭一は自分を捨てた母に反発しつつも徐々に母親と認めていきます。

さてファイナルですがハッピーエンドでよかった。2時間ドラマのシリーズで最終回というのもなかなか珍しい。2つ目のトリック、慎吾ちゃんが実験する必要なかったんじゃないの?(笑) 柳沢慎吾さんがパトカーの頭にライト載せるのを見ると、ついウーウーとやってくれないかなーと思ってしまう。パート1で姫子さんとコンビを組む警官役は梶原善さんだったんですよね。パート4から柳沢さん。たぶんどこかに栄転したんでしょう。

両親の結婚を薦めていた恭一の怪我で、息子として恭一を見守りたい姫子は面会時に親子であると告白してしまいます(ちょっとぐらいいいじゃん看護婦さんよー)。そして結婚を決意。そしてフィナーレは結婚式。よかったよかった。ちょい不満なのが結婚式で鑑識役がなぜあの場所にいるのかと…2時間ドラマだから仕方ないのかなあ。いわゆるお祝儀というやつ?

« 鯨統一郎「月に吠えろ! 萩原朔太郎の事件簿」 | トップページ | 川崎市市民ミュージアムで「横山光輝の世界」展が開催予定 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/11622036

この記事へのトラックバック一覧です: 「おばはん刑事!流石姫子ファイナル」:

« 鯨統一郎「月に吠えろ! 萩原朔太郎の事件簿」 | トップページ | 川崎市市民ミュージアムで「横山光輝の世界」展が開催予定 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ