« 「ウエスト・サイド・ストーリー」ミュージカル感想 | トップページ | 「スーパーマン」 »

2006/08/21

「花とゆめ」2006年18号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

キョーコは蓮に顔も見ずに出てってくれと言われたから、怒っていると思ったらしく、悪夢まで見る始末。しかたなく早朝散歩に。でも本当に森の妖精さんが見えているとは…危ない子だ。妖精に誘われるまま、森を歩くうちに蓮に遭遇。蓮は蓮で、キョーコのヘルプサインに気づけなかったことや尚に負けてしまったことで同じく気がかりが多くて散歩中だった。

キョーコは散歩中コーンのことを思い出してて、髪が朝日にきらめいてる蓮の姿を見て、一瞬コーン見えたということはやっぱりコーンは金髪なのだろうか。蓮は本当は金髪?

前回の蓮は(キョーコの味方目線から見ると)ちょっとヤなヤツだったんだけど、今回の蓮は素直でした。でも、キョーコに気を使わせすぎる。ますます気まずくなるくらいならいっそ今対面しようと、そちらにお邪魔していいですか?と何度も聞いてるのに気づかないなんて。キョーコ健気過ぎ。笑顔でOKを出したので許そう。


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« 「ウエスト・サイド・ストーリー」ミュージカル感想 | トップページ | 「スーパーマン」 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/11534785

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2006年18号 スキップ・ビート!感想:

« 「ウエスト・サイド・ストーリー」ミュージカル感想 | トップページ | 「スーパーマン」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ