« 宿屋の屋号と言えば? - 奇岩城(4) | トップページ | 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第10巻購入のこと »

2006/07/31

アムラックス・ロボット博覧会

7月19日~9月3日、アムラックス(池袋)

訪問日:7/30(日)
TVアニメ版鉄人28号組立講習会の見学に行ったら組み立てている客がいた。購入されたのだろう、うらやましい。講師は去年と同じ人で、昨日は実演を兼ねて2体組み立てたらしい。やっぱTVアニメ版のほうがいいなあ。まんまるい胴体や後ろに背負うロケットエンジン?の上部も丸いのがいい。胸部分の鋲も(原作にもあり)。でも調整が必要とかで動くのは見られなかった。残念。チューニングアップされてて映画版とは動きが微妙に違うらしいから見てみたかったのだけど。期間中に出番はないらしい…B1Fに飾ってあったのは映画版鉄人28号なので、今回はもう見られないかも…。でも目の秘密が分かったのは収穫。光ると目の玉が分かるようになっている。


そのあとROBONOVA-Iの実演を見た。まず1体でパフォーマンス。これは後ろで操作していた。そのあと5体そろってダンスを披露。これはあらかじめプログラムしてあるのだろう。側転したり、クラシックな踊りの後で激しい踊りがあったりで面白かった。
株式会社ハイテックマルチプレックスジャパン ROBONOVA-I
http://www.hitecrcd.co.jp/ROBOT/robonova1/index.htm

トヨタ・パートナーロボットとi-unitは去年の愛知万博で登場したもの。この建物は元々トヨタの展示場なので、気合と空気(と自信)が違うと思った。イベント慣れしてるというか。トヨタ・パートナーロボットはトランペットを演奏。i-unitには実際に触れる(座る)ことが出来る。
アムラックス│トヨタ・パートナーロボット & i-unit 体感イベント
http://www.amlux.jp/topics/robot_iunit.shtml


実演の他に、各種のロボットが展示されている。
京商のマノイはいつのまにそんな近未来チックでプラスチックっぽい質感に?という感じ。デザインが2バージョン出るみたいで、飾ってあるのはそのうち片方だった。マノイはスタイルがいいというか足が長い。動くの見てみたい。多分この期間中に実演があるはず。
1/5 Scale Athlete Humanoid Series "MANOI" l アスリートヒューマノイド "マノイ"
http://www.kyosho.co.jp/web/products/manoi/index.html

Robovie-iは思ってたより大きかった。見てるこっちが気が抜けちゃうような顔してるのに結構寸胴。でも可愛い。
Robovie-i「ロボビー・アイ」|ヴイストン株式会社
http://www.vstone.co.jp/top/products/robot/Robovie-i.html

AIBOも飾ってあった。SONYはどうしてAIBOの開発止めちゃったんだろう…


今度はネクスタとトライズの新旧ヴィジオン対決のPK戦を見に行きたい。次は8/6(日)。
B1Fには三代のヴィジオンが揃って展示されていた。トライズは動いているの見たことない。ロボカップ出動前の動画は↓
Team OSAKA、新型ロボット「VisiON TRYZ」を発表
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/06/08/34.html

« 宿屋の屋号と言えば? - 奇岩城(4) | トップページ | 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第10巻購入のこと »

鉄人28号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/11171689

この記事へのトラックバック一覧です: アムラックス・ロボット博覧会:

« 宿屋の屋号と言えば? - 奇岩城(4) | トップページ | 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第10巻購入のこと »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ