« 井上宗和「ルパン残影、フォル・ラ・ラッテ城の秘密」 | トップページ | 青空文庫に「奇巌城」登場&名作サウンドノベル「探偵小説アルセーヌ・ルパン」 »

2006/06/16

ソポクレス「オイディプス王」

藤沢令夫訳、岩波文庫
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/32/2/3210520.html

巻頭付録の系図が思いっきりネタバレである。知っている人が多い話だろうとは思うけれど。オイディプスには聞き覚えが無くともエディプス・コンプレックス(エディプス=オイディプス)なら聞いたことがある人も多いだろうし。

文章は簡潔で無駄がない感じがして読みやすかった。過去に起こった悲劇的事実が明らかにされる過程も世界最古の推理小説と言われるのがよく分かる。

作中では語られないが、オイディプスが解いたスフィンクスの謎というのは「朝は四本足、昼は二本足、夜は三本足」というもの。(答えは「人間」なのだけど、どうしても「超人」が浮かんでしまう。「キン肉マン」の漫画にあったのだ)

« 井上宗和「ルパン残影、フォル・ラ・ラッテ城の秘密」 | トップページ | 青空文庫に「奇巌城」登場&名作サウンドノベル「探偵小説アルセーヌ・ルパン」 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/10553503

この記事へのトラックバック一覧です: ソポクレス「オイディプス王」:

« 井上宗和「ルパン残影、フォル・ラ・ラッテ城の秘密」 | トップページ | 青空文庫に「奇巌城」登場&名作サウンドノベル「探偵小説アルセーヌ・ルパン」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ