« ナポレオンとヴェルサイユ展 | トップページ | 種村季弘「山師カリオストロの大冒険」 »

2006/05/08

法月綸太郎「怪盗グリフィン、絶体絶命」

講談社ミステリーランド、2006年
講談社BOOK倶楽部:怪盗グリフィン、絶体絶命
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2705788
講談社ミステリーランドの作品には英題がついている。この本は「The Caribbean Ring Finger」で、訳すと「カリブ海のくすり指」。

□感想
面白かった。難を言えばもう少しキャラクターとして特徴があればいいかなと思った。3部構成になっているけれど、実は全部つながっている。章割り(というのかな、章の区切り方)が面白いなと思いつつ読んだ。

ニック・ヴェルヴェットというカクテル名については、ブラック・ヴェルヴェットというお酒の存在を知ったばかりだったのでにやりとした(「怪盗ニック」読みはしたけど、1冊目の途中で頓挫している。カリブの野球チームの短編は読んでいた)。他にもいろいろ仕掛けてあるのだろうけど、気づかなかった。オストアンデルは饅頭のことらしい?? アルセーヌ・ルパンがらみでいうと、最初の挑戦状のところにアルセーヌ・ルパンとドン・ルイス・ペレンナの文字が。

« ナポレオンとヴェルサイユ展 | トップページ | 種村季弘「山師カリオストロの大冒険」 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/9962602

この記事へのトラックバック一覧です: 法月綸太郎「怪盗グリフィン、絶体絶命」:

« ナポレオンとヴェルサイユ展 | トップページ | 種村季弘「山師カリオストロの大冒険」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ