« 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第8巻購入のこと | トップページ | 戯曲版「ルパンの冒険」の登場人物 »

2006/05/29

ハヤカワ文庫「奇岩城」購入のこと

2006年5月24日発売の新刊です。翻訳は平岡敦氏。

ハヤカワ・オンライン:奇岩城
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/431203.html

日本語としてとおりのよいように文章を整えているので好感が持てます。たとえばイジドール・ボートルレ(17歳)は岩波少年文庫では“高校の修辞学級”となっていますが、ハヤカワ文庫では“高校三年生”となっていて分かりやすいですよね。私としては原文ではどうなっているのか?というのが気になることもあるので、岩波版にもメリットがあります。

巻末には長谷部史親氏による解説がついています。日本における「奇岩城」受容史といった感じの内容。


岩波少年文庫になくてハヤカワ文庫にある箇所を1つ発見。(偕成社文庫にもある)
イジドールの推理が警察に先んじていたという例が挙がっている。ジョリスの事件。サン=クルーの事件。

« 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第8巻購入のこと | トップページ | 戯曲版「ルパンの冒険」の登場人物 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/10296690

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤカワ文庫「奇岩城」購入のこと:

« 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第8巻購入のこと | トップページ | 戯曲版「ルパンの冒険」の登場人物 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ