« 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第7巻購入のこと | トップページ | ドキュメンタリー「Arsene」の引用映像について »

2006/05/02

「花とゆめ」2006年11号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

ビーグルがロケ現場に来てキョーコは居留守を決め込むが、ビーグルが侵入してストーカー状態に。ロケ現場近辺にビーグルがいたことを知った尚は慌ててロケ現場に戻るが、間に合わずキョーコが囚われてしまった…。キョーコの心情を思うと怖いです。そりゃキョーコだって椹(さわら)さんご一家に酷いことしたけどさ。

予告で蓮の扱いが大きいのが尚哀れ。次号は蓮が登場するということだけど、今回の危機には間に会うのかな。間に合ってほしくないな。尚か自力かで乗り切って欲しい。

尚は今回かっこよかった(キョーコを助けようとするところ)。尚のぶんのお昼の用意がないと心配する緒方監督の存在がなごむ。

« 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第7巻購入のこと | トップページ | ドキュメンタリー「Arsene」の引用映像について »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/9868993

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2006年11号 スキップ・ビート!感想:

« 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第7巻購入のこと | トップページ | ドキュメンタリー「Arsene」の引用映像について »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ