« 雑誌「ジュ・セ・トゥ」1906年6月号:モーリス・ルブラン作の戯曲「憐れみ」の記事 | トップページ | DVD「ルパン コレクターズ・エディション」 »

2006/05/17

杜野亜希「うそつきヴォイス」全2巻

□あらすじ
人気ゲームのキャラクター少女探偵Ω(オメガ)の声担当した那巳(なみ)。自分に自信の持てない那巳は、声がそっくりで容姿の違う双子の姉実菜(みな)を影武者として立てることにするのだが…。どんな声でも真似することができる那巳と、一度聞いた声は忘れない男東城の話。

□感想
声優がメインの漫画は好きじゃないけれど、これは大丈夫でした。基本は杜野さんのキャラクターだからかな。毎回登場人物の過去が絡んでくるので、そんな都合よく、と思ったりするのだけれど、設定やトリックをきちんとしてあるのでそういう安心できます。姉妹仲が良いところがいい。声優漫画読むの嫌っていうのは私がオタクだからそう思うんだろうけど…一部声優については持ってるよ絶対ダメ音感…。

« 雑誌「ジュ・セ・トゥ」1906年6月号:モーリス・ルブラン作の戯曲「憐れみ」の記事 | トップページ | DVD「ルパン コレクターズ・エディション」 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/10115385

この記事へのトラックバック一覧です: 杜野亜希「うそつきヴォイス」全2巻:

« 雑誌「ジュ・セ・トゥ」1906年6月号:モーリス・ルブラン作の戯曲「憐れみ」の記事 | トップページ | DVD「ルパン コレクターズ・エディション」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ