« ヴイストン「鉄人28号ロボット」まとめ | トップページ | 「花とゆめ」2006年9号 スキップ・ビート!感想 »

2006/04/06

雑誌「ふらんす」2006年4月号 付録CD「カリオストロ伯爵夫人」

雑誌「ふらんす」に付録CDが付いていて、雑誌の記事に関連した物を収録している。

□付録CD内容

  • フランス語らしく発音するコツ
  • とにかくフランス語で話したい!
  • 続・茂呂家の人々
  • 対訳で楽しむ

このうち「対訳で楽しむ」のところに「首飾り」「星の王子さま」「カリオストロ伯爵夫人」とある。購入していないので定かじゃないけどCDに書かれてる「La comtesse de Cagliostro」がモーリス・ルブランの「カリオストロ伯爵夫人」を指すならば。「対訳で楽しむ」は連載で内容はサイトによると以下のように説明されている。


白水社 :雑誌『ふらんす』
http://www.hakusuisha.co.jp/current/france.html

対訳で楽しむ『首飾り』(CD収録)柏木隆雄
フランス文学の名作を、毎月少しずつ読んでいきます。第一人者による名訳と注解、ひとくちコラムで、〈読む楽しみ〉は倍増、しかもCDには原文の朗読を収録しました。「原書で小説を読んでみたい!」という方にぴったりの連載です。4月号から7月号までは、モーパッサンの『首飾り』。

CDにはこの連載の2006年4月から2007年3月までの内容を収録していて、4回ずつの連載なので2006年4月-7月はモーパッサンの「首飾り」、2006年8月-11月はサン=テグジュペリの「星の王子さま」、2006年12月-2007年3月は「カリオストロ伯爵夫人」を扱うようだ。今号の雑誌全体の内容はフランス語学習開始の特集がメインで、フランスの映画・文化に関する記事やニュースコラムなどが載っている。


「星の王子さま」といえばNHKラジオのフランス語講座(2006年4月開講)のテキストでも「星の王子さま」の対訳を扱っていた。そういえば新学期の季節なんだなーと。私はフランス語サッパリ分からないけど、これを機会に…といことにはならないんだな多分。


追記。購入しました。
モーリス・ルブランの「カリオストロ伯爵夫人」でした。フランス語は分からないけれど、取り上げる予定の箇所の朗読が入ってるのだと思いますが、アルセーヌ・ルパンのプロフィールが語られるとところはそれと分かりました。この箇所の原文何度も読んだ(というか見た)から。

« ヴイストン「鉄人28号ロボット」まとめ | トップページ | 「花とゆめ」2006年9号 スキップ・ビート!感想 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/9462664

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「ふらんす」2006年4月号 付録CD「カリオストロ伯爵夫人」:

« ヴイストン「鉄人28号ロボット」まとめ | トップページ | 「花とゆめ」2006年9号 スキップ・ビート!感想 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ