« 「南総里見八犬伝」目録 | トップページ | 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第5巻購入のこと »

2006/03/02

「Les aventures extraordinaires d'Arsene Lupin」第1巻購入のこと

紀伊国屋書店の新宿南店で売っているのは確認済みだったので、ある日閉店時間に間に合えば買おうと思い立ち、幸か不幸か閉店時間に間に合って買いました。


紙質は悪くなく薄くて軽いく、1200ページあるのにそれほど重くありません。厚みは3cm。印刷も鮮明です。各作品に解題が付いていて、巻末にルブランの伝記が載っています。いずれもルパン研究家のJacques Derouard氏による文章。

この全集は全3巻で、各巻の収録作品については→オムニビュス社の3巻本の全集(洋書)にまとめています。「戯曲アルセーヌ・ルパン(3)」と「アルセーヌ・ルパンの冒険(A5)」のフランス語の原文を持っていなかったので、これを買ったことで現段階で一通り揃いました。


二階堂黎人氏の贋作「カーの復讐」にブルサンという刑事が出てくるのですが、この刑事は「戯曲アルセーヌ・ルパン(3)」に出てくる刑事と同じ名前なのです。でも英語版小説にはたった1語しか出てきません。では元の脚本ではどうなの?と気になっていたのです。確認してみると、キャスト表でブルサンが独立してて他の刑事ボナバンとデュージーが一緒くたにされているのに驚きました。小説版の活躍度と逆です。ざっと見たところ、それと英語版の小説には予審判事フォルムリィの名前が出てきますけど、キャスト表にはいません(※)。


「アルセーヌ・ルパンの冒険(A5)」はどんな話か分かりませんが、登場人物にDimblevalという名前を発見。たぶんユダヤのランプに出てくるダンブルヴァル(d'Imblevalle)夫妻の名前と似た発音なのでしょう。実在のアンベール夫人をHumbert→Imbertとつづりを変えて登場させたルブランなので、このあたりお手の物かも。因みに「ルパンの冒険(3)」の英語版小説ではフォルムリィがFormerie→Formery、デュージーがDieuzy→Dieusyと綴りが変わっています(間違い探しみたいだ…)が、元のキャスト表でもデュージーはDieusyでした。


□2006/05/23追記
※キャスト表で「予審判事」となっているのがフォルムリィ(Formery)でした。中で名前が出てきます。

オムニビュス社の3巻本の全集(洋書)

« 「南総里見八犬伝」目録 | トップページ | 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第5巻購入のこと »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/8910711

この記事へのトラックバック一覧です: 「Les aventures extraordinaires d'Arsene Lupin」第1巻購入のこと:

« 「南総里見八犬伝」目録 | トップページ | 横山光輝「鉄人28号 原作完全版」第5巻購入のこと »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ