« ラッフルズとルパン | トップページ | 「大岡越前」2時間スペシャル »

2006/03/20

「花とゆめ」2006年8号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

レコーディング中の曲を破棄して再度曲を作ろうとする尚。そんな尚にマネージャーの祥子さんは不安を感じる。尚のことを分かっていたはずなのに…って。キョーコたちと尚たちとビーグル犬バントは同じホテルに滞在しているようだ。キョーコの入浴シーンはあまりえっちくない。以前口絵か何かでお風呂キョーコがあったけど、あれは可愛かった。

ビーグル犬のレイノはキョーコをターゲットに決めたようだ。どこまで本心なのか良く分からない。キョーコよ逃げろー。レイノに射竦められたキョーコはとりあえず尚の行動で難を逃れたものの恐怖感が体に残ってしまう。その気持ちのまま蓮に電話をするのだが…声を聞いて少しはおちついたかな? 蓮はキョーコを気にかけてずっと電話かけてたらしいがどうして番号非通知なのだ?操作知らない?

百瀬さんいい人だー。青ざめたキョーコを気遣ってお風呂の準備してくれてる。前に百瀬さんは蓮のこと好きか好きになりかけてたっぽいんだけど、この先大丈夫だよね?? キョーコと敵対して欲しくないなあ。

« ラッフルズとルパン | トップページ | 「大岡越前」2時間スペシャル »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/9181082

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2006年8号 スキップ・ビート!感想:

« ラッフルズとルパン | トップページ | 「大岡越前」2時間スペシャル »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ