« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/27

「鉄人28号論」

発売元:ぴあ
出版年:2005年3月
編著者:光プロダクション監修
価格:2,625円(税込価格)
ISBN:4835609980
鉄人28号論 紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4835609980.html

□目次
第1章 『鉄人28号』の軌跡
 年表、各メディア化作品の紹介
第2章 徹底討論『鉄人28号』の魅力に迫る!
 鼎談:米沢嘉博、唐沢俊一、藤津亮太
第3章 『鉄人28号』論考
 計7名による小論
第4章 『鉄人28号』新生す!
 2004年度アニメと実写劇場版関係者のインタビュー(大月俊倫、千住明、富樫森、松本肇)
第5章 『鉄人28号』を語る
 造型師鼎談(足立和博、生嶋毅彦、速水仁司)、実現可能性の検証(fuRo)など
第6章 『鉄人28号』の世界
 原作の登場人物紹介、あらすじ、辞典、横山光輝氏の言葉など
『鉄人28号』ビジュアルワークス
 雑誌掲載時の扉絵、単行本の表紙など(カラー)
『鉄人28号』アーカイブ
 タイムスリップグリコなどの食玩の写真など(モノクロ)

□感想
鼎談が読みやすくて面白かった。2章の鼎談は漫画世代の米沢氏、モノクロアニメ世代の唐沢氏、2004年度アニメ支持の藤津氏と世代がわかれてて、やっぱ米沢、唐沢両氏が圧していた。米沢氏は連載が進んでパターン化されてくるとつまらないと感じたみたい。たしかに前半部のほうが圧倒的に面白いと思う。

5章の鼎談は、平面の漫画を立体化するという作業のなかで、ただ読むという以上に読み込んで作っているのだなあと思った。鉄人28号はフランケンシュタインの影響から作られたというのは知っていたけれども、バッカスにもその影響が見られるのではないかというのはなるほどと思う(目の上の出っ張り。鉄人とバッカスと不乱拳のモンスターに共通する)。

fuRoによる検証は身長20m、体重25.8t(これは1980年のアニメと同じ大きさ)の鉄人を想定して、動力について、装甲について議論していた。3mだと現実的な数字らしい。


3章の論考は筆者の個人的体験から発する文が多くていまいちだった。氷川氏の文章はまったく違ってて、ロボットの質感をどのように表現してきたかについて書いていた。とくに1980年のアニメ(太陽に使者)の金田伊功氏に注目していた。良く分からなかったけど、かえってよかった。

ただ原作漫画に関する資料が充実しているので、資料として所持するのがいいのではないだろうか。でも値段が高すぎるし、ハードカバーじゃなくても良かったのではと思ったけれど。

2006/02/25

アルセーヌ・ルパンシリーズ読了

たぶんシリーズ全部読んだのは初めてだと思います。不思議とルパンが格好いいとは思わなかったです。変わりにバ…カと言いたくなるような時が少おし。それより後ろから蹴りいれたくなることがしばしば…(もちろん女関連で)。懲りない男ですよね。だからこそ好きになれたというか、飽きないというか、面白かったと言うか。

最初の出会いはポプラ社で、後に偕成社を読み、悪人っぽいルパンにショックを受けた覚えがあります。偕成社とポプラ社の全集はそれぞれ順番もタイトルも違っていて、ずいぶん混乱したな。最後のほうはタイトルがだんだん怪しげになっていくし…。ずっと読みたくはあったけど、そういうことを含めてなかなか手を出しづらかったのだと思います。

今回読んだのは翻訳版(完訳版)だけれど、たとえば1作目「アルセーヌ・ルパンの逮捕」に出てくるベルナール・ダンドレジーという名前が、ルパンの従兄弟の名前だと分かるのは13冊目の「カリオストロ伯爵夫人」。そういうシリーズ物ならではの仕掛けが味わえるし、いろいろ発見がありました。

ルパンとのコンビで一番気に入ったのはマズロー。読み進めるとだんだんマズローがかわいそうでかわいそうで。それでも親分を裏切り切れないマズローを応援してました。ルパンとベシューとの関係は今ひとつ理解できなかったです。話は好きなんですが。でもやっぱり「虎の牙」あたりまでの華々しい活躍こそルパンって言う感じがします。それ以降はルパンなのかルパンじゃないのかはっきりしなくなる。「八点鐘」は前書きにある通りルパンじゃないとされているけれど、後の話でルパンが経験したこととなっているし、なのに最後はルパンでも分からなくなってて、どうでもいいじゃないかとはぐらかされてしまう。ルパンとして考えるか、そうじゃないと考えるか、それも面白そうだけど、ただ「八点鐘」は私としてはルパンから最も離れてると思います。

2006/02/20

「花とゆめ」2006年6号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

ドラマ「DARK MOON」の軽井沢ロケ前日。だるまやのご夫婦ひさびさだー。キョーコはお守りのコーン(宝石)を手にとろうとして蓮がコーンに口づけしたことを思い出し悪寒が走る…布越しでなければ二度と触れなかったりして(あれって悪い虫がつかないように呪いのキス?)。蓮は別な仕事(CM撮影)のため沖縄に行って参加が遅れるようだ。

そんなときに蓮から電話が掛かってきて、CMとかPVで名前が出てきたのだからロケで浮かれないようにねと釘をさす。それって嫉妬?と思ったら、見たんですね、天使キョーコ。椹(さわら)さんに用意してもらったものはやっぱり不破尚のPVだったようだ。本当に天使みたいで美しい。翌日、沖縄にいる蓮の周りからPVの京子の評判が聞こえてくる。心中穏やかじゃないんだろうなあ。

百瀬さんは真面目に女優目指してるいい子っぽい。キョーコと普通に行動しててよかった。軽井沢の新しいスポットとしてレコーディングスタジオが云々とご都合説明セリフだな−と思ったら案の定いましたよ、尚が。蓮が来るまでの数日間何かありそう?


今号はふろくでスキップ・ビートのブックカバーが付いてました。絵はキョーコと蓮。
スペシャルプレビュー(花とゆめ 6号)
http://www.hakusensha.co.jp/special_preview/sp_hy06v06.html

2006/02/13

スカイパーフェクTV!で映画「ルパン」放映中

2006年2月10日(金)から2月23日(木)までスカイパーフェクTV!のCh174パーフェクトチョイスという枠で期間限定放送されているようです。加入していないので、仕組みは良く分からないのですが。

番組情報 | SKY PerfecTV!:ルパン
http://www.skyperfectv.co.jp/info_programme/002_movie/002_0602009.html
ルパン HERALD ONLINE
http://www.herald.co.jp/official/lupin/
※現在上映中・予定の劇場もあるようです。

DVDは2006年4月7日発売予定となっています。
4月7日に映画「ルパン」DVDが発売予定

雑誌「小説Wings」2006年冬号 次号予告に「傀儡」

雑誌の休刊により中断となっていた漫画・高橋明「傀儡」ですが、「小説Wings」の予告にちゃんと載りました。これで無事再開かな?

次号は2006年5月10日発売です。

新書館コミック
http://www.shinshokan.co.jp/comic/
検索&注文ページで「傀儡」がイチオシと紹介されてました。
http://www.shinshokan.co.jp/shopcart/order-new.html


「小説Wings」の中身は立ち読みした三浦しおんさんとよしながふみさんのボーイズラブ・少女漫画対談が面白かった。よしながさんしゃべりまくりなところが。23ページもある。

榎木洋子&藤原眞莉 合同サイン会情報

今度は東京で榎木洋子さんのサイン会が行われるようです。

コバルトニュース -Webコバルト-
http://cobalt.shueisha.co.jp/news/index.html
オリオン書房ホームページ-イベント・フェアのお知らせ‐榎木洋子先生&藤原眞莉先生 合同サイン会
http://www.orionshobo.com/topix/story.php?page=3&id=34

□日時:2006年3月4日(土)14時30分〜
□場所:オリオン書房ルミネ店(東京・立川)

3月の新刊
榎木洋子「緑のアルダ 第二部〜守龍編〜 緋のウルファ 白のラダ」
藤原眞莉「王宮ロマンス革命 姫君は自由に恋する」

□参加方法
2月20日(月)より サイン会 整理券を配布いたしますので、対象書籍をご予約のうえ書店にてお受取下さい。またお電話によるご予約も承っております。詳細はオリオン書房ルミネ店へお問合せ下さい。

3月の新刊は3月1日(水)発売予定です。連絡先は書店のホームページで確認してください。新刊発売後書店で購入するか、電話予約して当日本を購入するかになるんでしょうね。行きたいかも。

2006/02/11

榎木洋子:守龍ワールド人物さくいん

“リダーロイスシリーズ”、“龍と魔法使い”、“緑のアルダ”の3つのシリーズに出てくる登場人物名を集めて、どの作品に出てくるのかを調べました。地名の場合はどの作品で舞台になっているか調べました。以下のリンクからたどってください。

◆リダーロイスシリーズ・龍と魔法使い・緑のアルダ:人物さくいん◆


■人名さくいん
人名、龍名(竜名)、精霊名の索引です。

例)アニエラ…りゅーま7、(8)
アニエラは宿屋「龍のひげ」の女主人で、「龍と魔法使い」の7巻に登場します。8巻では、他の登場人物のセリフか地の文に名前が出てきます。

■地名さくいん
地名・建物名の索引です。

例)龍のひげ…りゅーま7、(8)
龍のひげは「龍と魔法使い」の7巻で主人公タギが滞在する宿屋です。8巻では登場人物のセリフか地の文に名前が出てきます。

ポルノグラフィティの因島ライブの番組

スーパーライブ 「ポルノグラフィティ in 因島」 − スペシャル編 −
NHK-Hi:2006年2月10日 20:00-22:00
ポルノグラフィティが去年11月に行った因島ライブの番組を見た。BS-Hiは家で見られないので、某家電店の片隅で。リアルタイムでは広島のNHK地上で、BS2では因島市最後の日(合併により尾道市になった)に放送するという心憎い演出だったのだけど、いずれも見られなかった。

音が高くなかったので歌は聞こえたけれど、普通のトーンのしゃべりは何をしゃべってるのかサッパリ聞こえなかった…。でもハイビジョンだったからすごく映像がクリアだった。2人の思い出の地が見られて嬉しかったな。ポルノグラフィティの歌詞に因島の地名が織り込まれていることをコメントとともに放送していて、今でも大事に思っているんだなと思った。
Juzz Up…土生港
Aokage…青影トンネル
狼…折古の浜

「Let's go to the answer」も歌っていて、この歌私は好きなのだけど、歌詞が因島(into)だったとは驚きだった。歌のタイトルが織り込まれてることにも始めて気づいた。
Let's go to the answer
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=A01176

2006/02/08

曲亭馬琴「南総里見八犬伝」読了

岩波文庫全10巻、長かったというより読んでる間は楽しかったと思う。薀蓄には時々うんざりするんだけど、そんなこと言ってる場合じゃないだろう、というときに延々セリフが続くのは閉口するより先に笑えます。偶然やご都合主義もご愛嬌って感じ。

前半は八犬士出揃ってもなかなか集まらないのがもどかしい。そうこうするうち1年2年過ぎたみたいなのがあるし。仲間探すんじゃないのか?と突っ込みたくなる。一番笑えたのは浜路不在で亀篠が慌てふためくところ。大塚番作物語も好き。

後半は最後まで読めば、なるほど前振りだったんだと思えるんだけど、いかんせん長い。この話の本筋は何だったっけ?と思うことがしばしば。それと親兵衛が最強すぎるのが少し不満。人力というより神業だから。でもその神業の元伏姫は妙椿を撃退するとき文字通り足蹴にするのが面白い。案外薙刀もって戦うタイプかも。でもやはり伏線の消化には感心する。

親兵衛再登場時の身長は三尺四五寸、後に四尺余りになる。四尺余りは120cm強。室町・江戸期の平均身長は155cmくらいだから満17歳と偽るにはちょっと低い気がする。満年齢でいうと7歳なので、当時にすれば大きいのだろう。信乃や小文吾が五尺八九寸(174-177cm)くらいあるから、犬士並ぶと埋もれそう。犬士で誰が好きかと言うと道節を挙げる。自分に正直だから。

登場人物が多い上に人名が名字、字、名が組み合わせ&バラで出てくるので大変。犬塚信乃戌孝の場合、犬塚、信乃、戌孝、犬塚戌孝etc.のバリーエションで出てくるし、最後は犬塚信濃になっちゃうし、金碗宿祢なんて氏姓もらっちゃうし…やれやれ。

2006/02/05

映画「ラヂオの時間」

テレビ視聴:フジテレビ
2006年2月4日(土) 21:00〜23:09

最後のあたりは面白かったかな。役者さんがそれぞれ嵌ってたと思う。落ち目の歌手とか主婦脚本家とかトレーラーの運転手とか。ナレーター役の人がツボでした。いい声で冷静なナレーション、そして的確なツッコミ。役名は保坂卓の並樹史朗さん。調べたら昔ボス電のCMで部下の津田寛治さんに対して「君がいなくなるとさみしいよ」とセリフをいっていた人らしい。おおそういえば言ってた言ってた。並樹さんのナレーションはほどよくラジオの雰囲気をかもし出していたと思う。昔放送されていたラジオドラマ「青春アドベンチャー」の後の番組「今日も一日が通り過ぎていきます」(「クロスオーバーイレブン」ナレーションは津嘉山正種さん)のナレーションをよく聞いていたことを思い出してしまった。NHKのAMではラジオドラマもやっていたけど、朗読で吉川英治名作選というのをやっていた。「私本太平記」が林隆三さん、そのあと「三国志」で橋爪功さんだったと思う。橋爪さんの声もよかったんだよなあ。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ