« 映画「クイーン・コング」 | トップページ | 「花とゆめ」2006年2号 スキップ・ビート! 感想 »

2005/12/19

雑誌「別冊花とゆめ」2005年11月号 パタリロ!

「別冊花とゆめ」は立ち読み後、杜野亜希「うそつきヴォイス」のために買っている。「うそつきヴォイス」を切り取る前にもう一回読んでおこうと思ったら…。

「パタリロ!」は「タマネギいろいろ」と「変装パタちゃん」の2本立て。1本目、新人教育係タマネギパルン号に腹を立てたパタリロは、パルン号の部屋をあさっているうちに大粒エメラルドを発見する。何か怪しいと睨んだパタリロは調べるうちにフランスのゴート子爵、通称強盗子爵の館で起こった事件を知る。その真相とは…ということでパタリロが推理するのだけど、どこかで聞いたようなーと思えば。

  パルン≠ルパン

最初に気づくべきだったなー。本当、タマネギにはいろんな人間がいるもんだ。
パルン号は2本目にも出てきます。

« 映画「クイーン・コング」 | トップページ | 「花とゆめ」2006年2号 スキップ・ビート! 感想 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/7688423

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「別冊花とゆめ」2005年11月号 パタリロ!:

« 映画「クイーン・コング」 | トップページ | 「花とゆめ」2006年2号 スキップ・ビート! 感想 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ