« 芦辺拓「真説ルパン対ホームズ」 | トップページ | 2005年11月9日付産経新聞 「鉄人28号」復刻 »

2005/11/14

2時間ドラマ

11月12日(土)の昼におばはん刑事流石姫子7の再放送を見た。
このシリーズ好きなんですよね。流石姫子(中村玉緒)ははかつて警視庁のエリート堤啓吾(北村総一朗)と恋仲だったが、仲を引き裂かれ二人の間に生まれた息子を置いて啓吾の元を去った。数十年後、警察署長となった息子恭一(鶴見辰吾)と上司と部下として再会する。というのが基本設定。
推理は期待しちゃいけなくて、案の定納得いかない解決だったけど。森山周一郎は相変わらずいい声だった。そして啓吾パパは出番がないあまり(?)変態オヤジと化していた。姫ちゃんLOVEなのはよーく分かるけど(あれって北村さんのアドリブかな?)。ともあれパパを応援してるので、無事結ばれて欲しいなーと思うのだった。

実はこのシリーズはファイナルの9話目が撮影済みで、でも放送予定が未定らしいんですよね。ネタバレ写真付きで載っているけどいるべき人がいない!ということでとっても気になる。
土曜ワイド劇場:おばはん刑事!流石姫子
http://www.sb-p.jp/oishi/dowai/series/sasugahimekolist.html
株式会社テレパック-トピックス
http://www.telepack.co.jp/topics-obahan9.html

火サスでは鷲尾いさ子の霞夕子シリーズが好きだったけど、別の女優さんに交代したんですよね。鷲尾さん自体2代目なので変わるのは仕方ないと思ったけれど、お母さん(朝丘雪路)と友行さん(村田雄浩)はそのままなのに夕子役だけ変わっちゃうのが腑に落ちなかった。あの3人の空間が好きだったので。挙句火曜サスペンス劇場自体が無くなってしまった…。

他に水ミスの信濃のコロンボシリーズ(中村梅雀)が好き。原作に出番がなくても毎回出てくる岡部警部(松村雄基)とか、奥さん役の原日出子とか。一番新しいやつ見逃したので、再放送と新作待ち。でも原作が少ないからそろそろ底をつき始めてるんですよね。あとどれくらい残ってるんだろう。
土曜ワイド劇場&女と愛とミステリー:信濃のコロンボ事件ファイル
http://www.sb-p.jp/oishi/dowai/series/sinanonocolumbolist.html


11月13日(日)放送のTRICKを見たけど洋画劇場枠だったのに、2時間ドラマっぽかった気が…。矢部さんと秋葉君の出番少なかったな。

« 芦辺拓「真説ルパン対ホームズ」 | トップページ | 2005年11月9日付産経新聞 「鉄人28号」復刻 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/7109987

この記事へのトラックバック一覧です: 2時間ドラマ:

« 芦辺拓「真説ルパン対ホームズ」 | トップページ | 2005年11月9日付産経新聞 「鉄人28号」復刻 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ