« 映画「ルパン」の新宿での上映は10月28日まで | トップページ | 「ETV特集 ロボカップ2005」を見た »

2005/10/18

エラリイ・クイーン編「シャーロック・ホームズの災難[上]」

中川裕朗・乾信一郎訳、ハヤカワ文庫、1984年初版、1998年第9刷
Amazon.co.jp:本: シャーロック・ホームズの災難 (上)ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 2‐38)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150701385
シャーロック・ホームズパロディ・パスティッシュをエラリイ・クイーンが編集した作品集。各作品につけられたクイーンの解説は中川裕朗訳

□感想
面白いもの、面白くないもの半々というところ。でも割と面白く読めた。

・遅かりしホルムロック・シアーズ、モーリス・ルブラン著、中川裕朗訳
ショルメスの名前がホルムロック・シアーズになっている。英訳ではほかにハーロック・ショルムズとなっているものもあるらしい(解説より)。ネリーの名前もネリー・アンダーウッド(原作はネリー・アンダーダウン)となっていた。あと読みの違いでオラース・ベルモンがホーレス・ベルモンドとなっていたりするのも結構楽しい。読んだところ、バラのシーンが無かった。底本が違うからだろうか。

・洗濯ひもの冒険、キャロリン・ウェルズ著、中川裕朗訳
ホームズはある日洗濯ひもにぶらさがっていた女性を目にする。その事実をめぐって名探偵協会の面々が推理する話。
面白かった。蓄音機がツボった。
登場する名探偵協会のメンバーは以下のとおり。
ホームズ、ラッフルズ、思考機械、デュパン、ヴィドック、ルコック、ルールタビーユ、アルセーヌ・ルパン、グライス、ルーサー・トラント、スプレイグ
凄いメンバーですね(うち4人は名前も知らなかったけど)。その性格を含めて描かれているかというと、名前だけかも。

« 映画「ルパン」の新宿での上映は10月28日まで | トップページ | 「ETV特集 ロボカップ2005」を見た »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/6463930

この記事へのトラックバック一覧です: エラリイ・クイーン編「シャーロック・ホームズの災難[上]」:

« 映画「ルパン」の新宿での上映は10月28日まで | トップページ | 「ETV特集 ロボカップ2005」を見た »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ